東京・築地市場で最後となる初競りがきょう5日(2018年1月)午前5時半から行われ、405キロの巨体マグロが3645万円で競り落とされた。「安い、例年に比べて安いよ」と司会の小倉智昭が言うとおり、7000万円だった去年のほぼ半値だ。今年は入荷量が3倍あったからだそうだ。

巨体マグロの前で阿部悦子リポーターが「私の顔が小さく見えるぐらい大きいです。厚みも60センチあって、ナイスバディです」と声を張り上げていた。

握り寿司1万3000貫分

このマグロを買いつけた山口幸隆社長は「質もいいし、目方もある。大トロ20キロぐらいが取れる」と話した。握り寿司にすると、ざっと1万3000貫分はあるという。

このマグロは東銀座とハワイ、ニューヨークに店を持つすし店が買い取り、日本と海外で提供される。

ニュースデスクの笠井信輔「例年、チェーン店が買いつけますが、今年は高級すし店に回ります。ランチでも5000円から1万2000円だそうで、一番マグロを食べたい人は勇気がいります」

小倉「ハワイで食べると高いよ。銀座より高いと思いますよ」

藤本隆宏(俳優、元競泳選手)「世界のすし人気で値段が上がっていくと、食べられなくなりますね」