女優、メーガン・マークル(36歳)の生活はとにかく多忙。2011年、テレビシリーズ『SUITS/スーツ』でレイチェル・ゼインを演じて脚光をあびた彼女は、その後もイギリスのヘンリー王子とのロンドン⇔トロント間の遠距離恋愛を続けながら、国連機関の親善大使を務め、ここ数年は多くのチャリティ活動にも力を入れているそう。

<Reitmans>のためにデザインした秋物コレクションの発表!

そんな日々の中でも美しいスタイルを保ち、健康でいられる方法って? コスモポリタン イギリス版が探った、メーガンの美ボディの秘訣9つをご紹介します。

1.ヨガ

「ヨガは得意技よ」と <Best Health>のインタビューで語っているメーガン。

お母さんがヨガのインストラクターなのもあって、小さなころからヨガを始め、ずっと続けているのだそう。「ヨガにはすごくいろんな効果があるわ。カラダが柔軟になって筋肉が鍛えられるし、幸せを感じられる。集中力も高まって、リラックスできるし、不安が減って、よく眠れるの」と絶賛。

#BTS of my cover shoot for @besthealthmag #comingsoon @duncanyoga #yoga

A post shared by Meghan Markle (@meghanmarkle) on

2.走る

現在は頻度を減らしたものの、以前はワークアウトの中にいつもランニングが組み込まれていたそう。

「だんだん年齢を重ねてきて、あまり走ると膝によくないの。だから昔ほど外を走り回ることはできないんだけど…」と、メーガンは<Best Health>にコメント。

「前は暇さえあれば走っていたわ。でも今だと、仕事で月曜日の朝4時15分にお迎えが来るなんてザラなの。だからジョギングをする時間もなくて、そんな時間があるなら眠りたいしね」。

また、2年ほど前に<Shape>に語ったところによると、メーガンは走ることでフィットネス以上の恩恵を受けているそう。

「わたしは走るのが好きだけど、どういうワークアウトをするかは、人それぞれ。ただカラダのためのゴールを達成するだけじゃなくて、自分の心に語りかけてくるようなものを選ぶべきと思うの。わたしにとって走ることは、頭にも必要なのよ。頭がすっきりしているのは体形維持と同じくらい大事だから」

3.体をだるくするような食べ物は避ける

「できるかぎり"クリーン"なものを食べるよう気をつけてるわ。食べたらやる気が出なくなったり、だるくなると知っているものは避けるの。食事は主に魚と野菜だけど、食べることは大好きよ」

4.好きなことをガマンしない

メーガンもわたしたちと同じ人間、「1日中フライドポテトを食べることもできる。パスタも大好きよ。炭水化物が嫌いな人なんている?」との発言も。

ただし<Best Health>では、「撮影しているときは食べ物に注意するわ」とも語っている彼女。

「平日はヴィーガン食、週末にはそれを少しゆるめるようにしているの」

この原則はいつも守っているそう。別のインタビューでは、「週末には全部チャラにするわ。何でも禁止してしまうと、逆にそればかり欲しくなってしまうと思う、だからバランスをとるようにしているの。週末まではきっちり良い食事を摂って、週末になったら食べたいものを食べてごほうびにしているのよ」と回答。

今日誰にも言われなかったかもしれないから、私が言うわね。あなたはたくさんのピザを食べたっていいし、愛されるに値する人。それにあなたのお尻も素敵よ。

5.やる気を起こす

メーガンはひとりでワークアウトすることが多いそう。家でDVDを利用したり、ひとりで走りに行くのだとか。でもこれって、やろうという意欲がないとなかなかできないことのはず。

「やる気が出たら、目標は半分達成したようなものだと思う」と<Shape>に語っている彼女。

また、<Women's Health UK>には、アクティヴに過ごすためのやる気をどのように出すのかをこう説明。

「自分の健康や、精神状態、ワークアウト後に感じる気分の爽快さ、そういったものがあるからわたしはマットに上がり、ジムに行くのよ。もちろん、時には運動するのがとても億劫なこともあるわ。でもいつも、終わった後の気分の良さを思い出すようにしているの。最高に気持ちがいいんだもの!」

イタリアでのバカンスにて。

6.リラックスタイムをつくる

よく働きよく動くメーガンだけど、時にはゆっくりくつろぐのも大切と知っているよう。

<Women's Health UK>に、「ゆっくりする贅沢を、自分に許しているの」と語るメーガン。「わたしたちはみんな、とても忙しくしながらいろんなことをこなしているでしょ? でもわたしはいつも時間をとって、ほっと一息ついたり、笑えるテレビ番組を見たり、わんこと遊んだり、ワインを1杯味わったりするの。それも自分への投資のひとつ。バランスが大事よ」

7.野菜ジュースを飲む

自然なエネルギー源を選んでいることも<Shape>に明かしたメーガン。

「コーヒーとかを飲もうと思うこともあるけれど、そういうのは結局カラダに悪い気がするの。だから本当に良い自然なエネルギー源、たとえば緑の野菜ジュースを飲む方が好き。カラダの中にすーっと入ってくるものは、とても元気が出るのよ」

8.自分で料理する

「料理が大好き、だから毎日なにかしら作るの。たとえばペストソースだけ作って後で使うために冷蔵庫に入れておいたり、何か自信のあるちょっとしたものを作るだけでもいいのよ。私にとってはこの時間が、外に食べに行くことよりずっと大切なの」

そして「食べるものは新鮮なほど良い」そうです。

Breakfast of champs 💪🏽 #breakfast #TheTig

A post shared by Meghan Markle (@meghanmarkle) on

たっぷりの朝食。

9.お酒(でも、きちんと節度を守って)

彼女が好かれる理由は、たぶんこういうところ。

<Best Health>のインタビューで「ワイン? もちろん飲みますよ。美味しいし、飲むのは好き。自分にとって楽しいことを、節度をもってすればいいんです。自分のカラダを知って、どう対処するかもわかっていれば、大丈夫」と、メーガン。

健康的なカラダとマインドを維持しながら、楽しむときはしっかり楽しむ。ヘンリー王子を虜にした彼女の最大の魅力は、大人の女性ならではのバランス感覚にあるのかも!?

※この翻訳は、抄訳です。

Translation: Noriko Sasaki (Office Miyazaki Inc.)

COSMOPOLITAN UK