3枚の広告看板から思わぬ事態に発展 GG賞6部門ノミネート『スリー・ビルボード』新予告編

写真拡大

 2月1日に公開される映画『スリー・ビルボード』の新予告編が公開された。

動画はこちら

 2017年トロント国際映画祭で観客賞、第74回ヴェネチア国際映画祭で脚本賞を受賞し、第75回ゴールデングローブ賞では6部門にノミネートされている本作は、『セブン・サイコパス』のマーティン・マクドナー監督が手がけたクライム・サスペンス。アメリカの片田舎の大通りに並ぶ3枚の看板に、ある日突然、真っ赤な広告が現れたことによって引き起こされる騒動を描き出す。

 『ファーゴ』のフランシス・マクドーマンドが、娘のために全てをかなぐり捨てて孤高の闘いを決意するミルドレット役で主演を務めるほか、『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』のウディ・ハレルソン、『コンフェッション』のサム・ロックウェル、『ジオストーム』のアビー・コーニッシュ、『ウィンターズ・ボーン』のジョン・ホークス、『『ゲーム・オブ・スローンズ』』のピーター・ディンクレイジ、『マンチェスター・バイ・ザ・シー』のルーカス・ヘッジズらが出演する。

 このたび公開された新予告編の冒頭では、米ミズーリ州の片田舎の町で、最愛の娘が殺されてから7ヶ月が経過したにもかかわらず、犯人が逮捕されていないことに憤るミルドレッドが、道路沿いの3枚の看板を買い、警察署長へ怒りのメッセージを発表する模様が映し出される。「あの看板はやりすぎだ」と抗議するウィロビー署長や警察官、住民たちと、ミルドレッドの間の諍いが、日増しにエスカレートしていき、事態は思わぬ方向に……。さらに予告編内では、俳優・映画監督の竹中直人と映画評論家・町山智浩のコメントも使用されている。(リアルサウンド編集部)