Amazon Echoが意外と良かった : 情熱のミーム 清水亮
本当は2017年に買ってよかったもの特集に寄稿しようと思ったんだけど、編集から「写真をたくさん入れて」と言われたので、こんなもんどこの写真をどうたくさん掲載すりゃいいんだよ、と思って諦めたので通常の連載のほうで紹介することにする。

いわずと知れたAmazon Echo Plusである。

招待制の購入ということで「ぜんぜん買えないぞどうなってんの?」という感じではあったが、ようやく買えたのでまずは使ってみた。

まず、設定が面倒くさい。

イマイチWiFiパスワードの設定がよくわからん・・・。というか、言われたとおりにやってるのにうまくいかない・・・と思っていたがなんとなくどさくさに紛れて設定できた。インストラクションの作り方はあんまり上手くないんじゃないかと思った。

しかしその後はけっこう良い。

なにがいいかというと、朝なんとなく目が覚めるか覚めないかくらいのとき、従来はスマホを開いてカッという有機ELの刺すような光線で脳が強制的に起動され、「まだ3時かよ!」と二度寝するのもめんどくさい、という状況になっていたのだが、最近は

「Alexa・・・今何時?」

と聞くと音声で教えてくれる。

いいぜマイスイートハニー!

これで「まだ覚醒してはいけないか」「いや起きるべきか」わかる。

また、そろそろ起きるべき時間だがあと30分だけ寝たい場合は「Alexa・・・30分後に起こして」といえばタイマーがセットされる!!優秀!

当然、天気も答えてくれる。

週に二回つくばに通う身としては、毎朝つくばの最低気温を把握して服を選ぶことは死活問題である。

この機能だけでまあ1万円のオモチャとしてはまずまず。

他にも、音楽を流す機能がある(まあそれが本来の機能だろうが)

「Alexa・・・松田聖子の赤いスイートピーが聞きたい」

「Amazon Musicに登録すると聞くことができます。登録しますか?」

チッ・・・なんて商売上手なんだこいつ。

仕方なく登録する。

友達が集まってクリスマスパーティをするときも

「Alexa・・・クリスマスっぽい音楽流して」

と言うと、適当にクリスマスソングが流れる。

なかなか良いのではないか。

ティシュペーパーが切れたなあ、と思って、Alexaに

「Alxea・・・ティッシュ買って」

と言うと

「ティッシュ・・・1000円ですね。購入しますか?」

どうも高くないか?と思ったけど購入すると、後日・・・

これが届いた・・・ち、ちがう・・・・コレジャナイ。コレジャナイよAlexa。

でもそんなバカなところが可愛いのでキッシュでも作るかなあ。

また、Alexaのいいところは自分でスキルを作ったりできるところらしいので、今度はスキルづくりに挑戦してみたい。