66の好スコアでリーダーボードを駆け上がった比嘉一貴(写真は2017年日本オープン)(撮影:鈴木祥)

写真拡大

2018年のアジアンツアー出場権をかけて、4日間にわたり行われる「アジアンツアーQT」のファーストステージ。タイにあるセント・アンドリュース2000など4コースを舞台に2日目の競技が行われた。
【関連】比嘉一貴、小平智の傍らで複雑な表情…
セント・アンドリュース2000では、東北福祉大学4年の比嘉一貴が7バーディ・2ボギーの“66”と好スコアをマーク。女子プロゴルファー・蛭田みな美の実兄、蛭田玲於(れお)と並び、トータル1アンダー・11位タイで同コースの日本勢最上位につけている。昨年のQTでは3位で通過を果たし、2017年のアジアンツアー出場権を獲得した亀代順哉は、トータル1オーバー・23位タイに順位を上げている。
また、2017年に日本ツアーの賞金シードから陥落した市原弘大は、2バーディ・6ボギー・1ダブルボギーと振るわず。トータル6オーバー・53位タイに急落となった。
ファーストステージには日本人選手60人が出場。各コースでの上位者が1月10日(水)から5日間の日程で行われるファイナルステージに進出を許され、そこで上位35位タイに入った選手が2018年アジアンツアーの出場権を付与される。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

アジアンツアー ファーストQT 2日目の成績
松山英樹の順位は?2018年米ツアー初戦のリアルタイムスコア
様々な表情があふれた2日目…5人がシード権喪失
【注目選手スイング解説】改造中の石川遼、問題は右サイドに!?
石川遼、スイング改造の参考にしたのはあの名選手