北京市にある天安門広場では元旦の朝、新年初の国旗掲揚セレモニーが行われた。今回のセレモニーは中国人民解放軍第三軍儀仗隊と軍楽団により初めて国旗掲揚の全プロセスが披露され、中国全国から9万人以上が天安門広場を訪れ、新年の国旗掲揚セレモニーの様子を見守った。

天安門広場における新たな国旗掲揚セレモニーの7つの変化

1.毎月1日に行われる国旗掲揚には、トランペット奏者による演奏と儀仗兵による整列のプロセスを追加。新たに作曲された「昇旗号角」を楽団のトランペット奏者8人が天安門城楼で演奏する。儀仗兵は金水橋の南側に隊列を組むことで、厳粛な雰囲気を強化。

2.護旗隊員の増員。毎月1日の国旗掲揚にこれまで動員していた護旗隊員数を36人から96人に増員。また、通常の国旗掲揚時の護旗隊員数を36人から66人に増員。

3.国旗掲揚セレモニー所要時間の調整。

4.軍楽団の入場及び演奏位置の調整。軍楽団はこれまで護旗隊の後について演奏と退場を行っていたが、事前に広場西側から入場する形に変更。国旗掲揚台の南側のエリアで演奏を行う。これにより、護旗隊の入退場の整然さをさらにアップ。

5.「歌唱祖国」の演奏タイミングの調整。毎月1日の国旗掲揚で、護旗隊の入場行進の際に演奏していた「歌唱祖国」を、国旗掲揚後の退場時に変更。護旗隊の入場時には演奏を行わず、静けさの中で護旗隊の整然とした足音を際立たせ、セレモニーをより厳粛な雰囲気の中で進める。

6.護旗隊の動作の調整。これまで護旗隊は入場行進時に、拳銃を肩にかけていたが、両手で掲げるスタイルに変更。また、国旗掲揚時は分隊長3人による「国旗に敬礼」の号令に従い、敬礼し、士気を高める。

7.国旗掲揚人員の調整。これまで4人で行っていた国旗掲揚を3人に変更。それぞれ陸海空軍の制服を着用しており、全軍官兵を代表している。(提供/人民網日本語版・編集/TK)