西郷隆盛が手写した101カ条"座右の訓戒"

写真拡大

2018年のNHK大河ドラマは「西郷(せご)どん」だ。主人公の西郷隆盛は、「空前絶後の偉人」といわれる。そんな西郷さんは『言志四録』という陽明学の本に心酔し、101カ条を抜き書きしている。「己を見失うな」「近道には落とし穴がある」など、内容は平易だが、含蓄は深い。西郷さんの思考法を、作家の城島明彦氏が解説する――。(第3回、全3回)

■試練をどう乗り越え、人生にどう活かすか

その時点で気づくか気づかないか、それが大きいか小さいかといった違いはあるものの、人は誰でも、長い人生行路の中で幾度も「試練」という名の分岐点に立たされる。西郷隆盛の最初の分岐点は13歳のときだった。けんかで利き腕を斬られて骨に達する深手を負い、自由に動かせなくなったのだ。そのとき西郷は、剣の道を諦め、読書する道を選んだ。

次の分岐点は20代。22歳のときに禅を学ぼうと思い立って禅寺を訪ね、座禅を組んでいる僧に何度も声をかけたが無視されたので、殴りかかろうとすると「喝!」という大声に驚き、己の未熟さを思い知った。24歳のときには、「お由良(ゆら)騒動」と呼ばれる島津斉興(なりおき)の世子斉彬(なりあきら)と三男久光(側室お由良の方の子)の後継者争いを経験する。そのお家騒動で西郷の父の主筋(主君に近い関係)にあたる赤山靱負(ゆきえ)が切腹を命じられ、届けられた血染めの下着を見て西郷は、「急(せ)いては事を仕損じる」ということの重要さや「人の和」の大切さを学んだ。

また、西郷は26歳のときに伊集院須賀という女性と結婚するが、その年に父、母が相次いで死去するという不幸に見舞われる。28歳になると島津斉彬に抜擢されて参勤交代のお供で江戸勤務となり、家庭を犠牲にする。留守宅を任されたお嬢さま育ちの新妻は心労に堪えかねて実家へ帰り、離婚する。嫌いで別れたわけではないので、西郷の心に大きな傷が残る。西郷ほどの人間でも、身辺で起きる大小さまざまな悲しみや苦しみを乗り越えて大きくなっていったということだ。

最大の分岐点は、何といっても「島流し」である。西郷は離島で多くの書物を読み、自分を磨きに磨いた。自分で体験できることは限られている。それを補うのが人の体験から学べる読書なのだ。西郷が繰り返し読んで書き込みを入れたのは「大塩平八郎の乱」で知られる大塩中斎の『洗心洞箚記(せんしんどうさっき)』であり、4巻から成る語録の中で心に響く101カ条を紙に書き写して「座右の訓戒」としたのが佐藤一斎の『言志四録』である。大塩・佐藤に共通するのは「日本陽明学者」ということだ。佐藤は幕府の大儒として朱子学を講ずる身でありながら、幕府が認めない陽明学に裏で共鳴心酔していた点が特筆すべき点だ。

西郷が座右のバイブルとした『言志四録』は、佐藤が42歳から11年を費やして著した『言志録』に始まり、57歳から10年かけた『言志後録』、67歳から12年かけた『言志晩録』、80歳から2年かけた『言志テツ録』(テツは上が老・下が至)の4部作から成り、全項目は1133に達する。そこから西郷が抜き書きした101カ条を『手抄言志録』または『南洲手抄言志録』と呼んでいるのである。岩波文庫の『西郷南洲遺訓』に収められた分量でいうと、漢文と読み下し文を含めて40ページしかないが、ここでそのすべてを紹介することはできない。

■急いては事を仕損じる。待てば海路の日和あり

以下は、西郷隆盛を飛躍させた『言志四録』の教えの中からビジネスマンに欠かせないと私が判断したいくつかを現代語訳し、解説を加えて紹介したい。

◇毀誉褒貶に一喜一憂するな

褒められたり貶されたり、損をしたり得をしたりするのは、人生にかかる雲とか霧のようなもので、人を幻惑する。その雲や霧を消し去ることができるなら、たちまち青い空や輝く太陽が顔を出すのだ。(『言志テツ録』216)

----------

〔解説〕照る日もあれば曇る日もある。褒められて増長せず、貶されても落ち込まず、得して舞い上がらず、損して悔しがらず。どんなときも「平常心」を心がけることが大事だ。

----------

◇物事は鳥瞰せよ

大所高所から眺めると、物事の道筋がよくわかって迷わないはずだ。(『言志録』88)

----------

〔解説〕「木を見て森を見ず」という喩えがある。物事に集中すると近視眼的になり、大局を見失いかねない。そうならないようにするには、空を飛ぶ鳥の目で全体を俯瞰することから始めないといけない。物事を冷静に客観視する姿勢も大事である。

----------

◇己を見失うな

自分を見失ってはいけない。人が離れていく。人を失ってもいけない。何も得られなくなってしまう。(『言志録』120)

----------

〔解説〕感情に溺れると、自分を見失いがちになる。情熱的なことはいいことだが、物事に熱中するあまり、冷静沈着さをなくしてしまい、正確な判断ができなくなる。心のどこかに冷めた目を持ち続けることが重要になる。

----------

◇機が熟すまで待つべし

急(せ)いては事を仕損じる。待てば海路の日和(ひより)あり。(『言志録』130)

----------

〔解説〕あわてると、ろくなことはない。計算ミス、誤字脱字、必要なことも書き落とす。多くの樹木は春に花を咲かせ、夏は枝葉を大きく茂らせ、秋に枯葉を落とし、冬の間は貯えた養分でじっと耐えながら春を待つ。人生も同じ。

----------

◇深く掘れば横幅も広がる

物事をよく知ることは、聡明さを横方向に伸ばすことだ。そこに精神的な意義が加わると、聡明さが縦方向に深まっていくはずだ。(『言志録』144)

----------

〔解説〕専門バカにならないよう、幅広い知識を身に付けることが必要だ。

----------

■自分が今、置かれた場所を安心して受け入れよ

◇今の境遇を目いっぱい楽しむことだ

人が人生の間にぶつかる場面は、実にさまざまである。険しいときもあれば、平坦なときもある。穏やかな流れもあれば。怒涛の波もある。けれど、それらは自然なめぐり合わせなので、避けて通ることは不可能だ。それらは「易」の道理で説明がつく。だから、自分が今、置かれた場所を安心して受け入れ、思う存分に楽しんだらいいのだ。焦って回避したりするのは、達人のやるべきことではない。(『言志後録』25)

 

----------

〔解説〕人生は紆余曲折。楽あれば苦もあり、苦あれば楽もある。悲観的にとらえないこと。

----------

◇克己心が大事

濁った水も水に変わりがない。ひとたび澄めば、清らかな水になるではないか。空(から)元気も気に変わりはない。うまくいけば、生気に変わるではないか。空元気を駆逐する工夫は、自分に克てるかどうかの一点にかかっている。そういうときは、「礼」をわきまえた生き方をするように心がけることだ。(『言志晩録』17)

----------

〔解説〕他人に優しく、自分には厳しくが理想だ。欲もあれば誘惑もある。自分に克つ心がけと努力を積めば、大きな人間になれる。

----------

◇若いうちに勉強せよ

朝食を抜くと、昼になって空腹を感じる。それと同じで、若いうちにしっかり学ばないと、壮年になってから、あれこれ惑うようになる。空腹は我慢できようが、学問不足はどうにもならない。(『言志テツ録』140)

----------

〔解説〕「鉄は熱いうちに打て」という諺もある。年老いると、気力も体力も記憶力も落ちる。頭も体も若いうちに鍛えるのが一番なのだ。

----------

◇近道には落とし穴がある

遠方へ歩いていこうとするとき、しばしば正しい道を行かずに近道を選んだつもりで、誤って草木が生い茂ったところへ足を踏み入れるのは、笑止である。(『言志テツ録』266)

----------

〔解説〕うまい話には裏があり、近道には落とし穴がある。苦しくても辛くても、真っ直ぐな生き方をしていれば、必ず誰かが見ている。そしていつか、必ず大きく花開くときが来る。

----------

----------

城島明彦(じょうじま・あきひこ)
作家・ジャーナリスト
1946年、三重県生まれ。早稲田大学政経学部卒。東宝、ソニー勤務を経て、短編小説「けさらんぱさらん」で文藝春秋の「オール讀物新人賞」、作家となる。著書は『「世界の大富豪」成功の法則』『宮本武蔵「五輪書」』『吉田松陰「留魂録」』『広報がダメだから社長が謝罪会見をする』『ソニーを踏み台にした男たち』『恐怖がたり42夜』など多数。近著に『考証・西郷隆盛の正体』『中江藤樹「翁問答」』がある。

----------

(作家・ジャーナリスト 城島 明彦)