<東海大仰星・報徳学園>突破を図る東海大仰星のNo・8檜垣

写真拡大

 日本人2人目のラグビー世界殿堂入りをした大畑大介さん(42)が準決勝の一押し選手を紹介する。東海大仰星No・8檜垣大宇(3年)の突破力と東福岡(福岡)SO丸山凜太朗(3年)の万能ぶりに注目した。

 東海大仰星の歴代を見ても、これほど骨太のNo・8はいない気がします。機動力があって、器用なシャープなタイプが多いかったのですが、彼は違います。グッと前に出て縦で勝負するタイプです。

 故障の影響で2、3回戦はベンチ外。チームもピリッとしませんでした。準々決勝の報徳学園戦では、たまっていたパワーを推進力に変えていました。相手を恐れずにぶつかっていく姿勢は、チームにエネルギーをもたらすでしょう。

 準決勝は、SO丸山選手がいる東福岡。個の能力を引き出せるだけでなく、空いたスペースがあれば自ら仕掛けられるオールラウンダーです。前評判は東福岡。仰星はタックルを受けながらボールを渡すオフロードパスを含め、前、横にボールを動かせば勝機が出てくると思います。そのためには、檜垣選手の突破力が不可欠になります。(コベルコスティーラーズアンバサダー)