あの「防衛大の棒倒し」の裏側に密着!300人が激しい攻防、“最弱”チームが奮起

写真拡大 (全2枚)

本気でスポーツに取り組む全国のアスリートたちに密着する番組『スポーツクロス』(BS朝日)。

1月5日(金)の放送では、総勢300人が棒をめぐり激しい攻防を繰り広げる防衛大学校・棒倒し競技会の裏側に迫る。

©BS朝日

棒を倒そうとする者と棒を倒されまいと守る者。防衛学や戦闘訓練など、防衛大生が学生生活で学ぶことが集約されている棒倒し。

この競技会での優勝は学生たちにとって最大の栄誉とあり、意地とプライドを懸けて真剣勝負を繰り広げる。

◆“最弱大隊”の汚名に苦しむ第4大隊に密着

防衛大の棒倒しは、4つの大隊(チーム)のトーナメント戦でおこわなれる。

今回、同番組では8年連続で1回戦負けを喫している第4大隊に密着。“最弱大隊”の汚名に苦しむ第4大隊を変えるため、総長・長沢行真が立ち上がる。

「失ったプライドを取り戻す!」――挫折と屈辱に耐える男たちの壮絶なドラマの先に待ち受ける運命とは!? 悲願の1勝に挑む男たちの熱き戦いを追う。