2040年までの世界エネルギー見通し 〜 まだまだ続く化石燃料時代 / 再エネの未来は明るく、発電設備では太陽光が最大の伸び

写真拡大 (全5枚)

昨年11月14日、国際エネルギー機関(IEA ; International Energy Agency)が “World Energy Outlook 2017(WEO2017)” を発表。

結論を最も簡潔に言えば、2040年までに、
\价困叛侈の需要量は減るが、
天然ガスと低炭素燃料(原子力+再生可能エネルギー)は増え、
A澗里離┘優襯ー需要量は増える という話。

上記のWEO2017で示された世界全体のエネルギー需給見通しとして主なものは、次の通り。

◎増えるエネルギー需要
世界全体のエネルギー需要は、これまでよりも緩やかな増え方ではあるが、2040年までに30%拡大する見込み。これは、今の世界の需要に今の中国・インドの需要を丸ごと加えるのに等しい。

世界経済は年3.4%で成長し、人口は現在の74億人から2040年には90億人を突発。上海のような都市が4ヶ月ごとに増えていく。

インドは、2040年までの世界全体のエネルギー需要増分の約3割を占め、2040年までに世界全体のエネルギー需要の11%を占める。 

《原文より抜粋》
Growing energy demand
In the New Policies Scenario, global energy needs rise more slowly than in the past but still expand by 30% between today and 2040. This is the equivalent of adding another China and India to today’s global demand.

A global economy growing at an average rate of 3.4% per year, a population that expands from 7.4 billion today to more than 9 billion in 2040, and a process of urbanisation that adds a city the size of Shanghai to the world’s urban population every four months are key forces that underpin our projections.

The largest contribution to demand growth - almost 30% - comes from India, whose share of global energy use rises to 11% by 2040 (still well below its 18% share in the anticipated global population).

2017.10.14 IEA “World Energy Outlook 2017”

◎再エネは躍進し、石炭は押し退けられる
再エネは一次需要部門での増分の40%になり、電力部門での再エネの爆発的成長で、石炭ブームは終わりを告げる。

2000年以降、石炭火力発電容量は約900GW増加したが、現在から2040年までの増加はわずか400GWで、その多くは既に建設中のもの。インドでの石炭火力発電の割合は2016年で3/4だが、2040年には1/2以下にまで減る。大規模なCO2回収・貯蔵システムがなければ、世界の石炭消費は横這いで推移。

石油需要は、2040年まで増加し続けるが、その増加率は着実に低下。天然ガス消費量は、2040年までに45%増加するが、電力部門での消費拡大の余地が限られ、産業向け需要が最大の成長領域となる。

原子力発電の見通しは鈍化しているが、中国は2030年までに発電量を徐々に増やしながら米国を抜き、最大の原子力発電国となる。

Renewables step up, coal strikes out
Renewable sources of energy meet 40% of the increase in primary demand and their explosive growth in the power sector marks the end of the boom years for coal.

Since 2000, coal-fired power generation capacity has grown by nearly 900 gigawatts (GW), but net additions from today to 2040 are only 400 GW and many of these are plants already under construction. In India, the share of coal in the power mix drops from three-quarters in 2016 to less than half in 2040. In the absence of large-scale carbon capture and storage, global coal consumption flatlines.

Oil demand continues to grow to 2040, albeit at a steadily decreasing pace. Natural gas use rises by 45% to 2040; with more limited room to expand in the power sector, industrial demand becomes the largest area for growth. The outlook for nuclear power has dimmed since last year’s Outlook, but China continues to lead a gradual rise in output, overtaking the United States by 2030 to become the largest producer of nuclear-based electricity.