2010年の今日、Nexus Oneが発表されました:今日は何の日?
おもなできごと

・2007年1月5日、新幹線の車両技術を導入した台湾高速鉄道が板橋駅〜左営駅間で仮営業運転を開始

・2010年1月5日、Googleが「Nexus One」を正式発表

・2010年1月5日、シャープがスローガンを「目指してる、未来がちがう。」に変更

・2017年1月5日、ASUSが世界初のDaydream/Tango両対応スマホ「ZenFone AR」発表1月5日は「囲碁の日」。公益財団法人日本棋院、一般財団法人関西棋院、公益財団法人日本ペア碁協会が2013年に制定。日付は語呂合わせの「1(い)5(ご)」から。ちなみに、以前から毎年この日に、ファンと棋士との交流イベントとして「打ち初め式」を行なっています。

過去のできごとで気になったのは、Googleの「Nexus One」発表(2010年)。iPhoneとは違い、各社が自由にカスタマイズして作れるスマホ用OSとしてAndroidは注目されましたが、それゆえに確たるリファレンスがありませんでした。このNexus Oneの登場によって、純正といえる"素の"Android端末がようやく登場したといえるでしょう。残念ながら日本では発売されませんでした。なお、発表されたのは日本時間で6日となりますが、日本で発売されなかった端末なので、現地時間を尊重して5日ということで。

もうひとつ気になったのは、ASUSの「ZenFone AR」発表(2017年)。Googleが取り組むVRプラットフォーム「Daydream」と、ARプラットフォーム「Tango」の両方に対応するという意欲作。同年6月に発売になりました。ですが、特別のハードウェアが必要となるTangoは対応端末が増えず、本機とレノボのPHAB2 Proくらいしかないこともあり、ハードウェアによらず使える「ARCore」へとシフトしています。奥行きが検出できないため精度は劣りますが、ARがより多くの機種で使えるようになったという点ではありでしょう。そのぶん、ZenFone ARにとっては残念なことになっちゃっていますが。

さらにもうひとつ気になったのが、シャープがスローガンを「目指してる、未来がちがう。」へと変更したこと(2010年)。1990年から使用してきた「目の付けどころがシャープでしょ。」から新しくなりましたが、認知度はあまり高くなかったような気がします。ちなみに今は、2016年11月1日に新コーポレート宣言として「Be Original.(ビー・オリジナル)」を発表し、グローバル展開しています。

去年の今日から気になる記事をピックアップ


・大変残念な激安4Kアクションカムのイイトコを探す


激安の4K対応というアクションカムが酷かったという話題です。映像フォーマットとしては4Kかもしれませんが、画質は伴わないものなんですね。今でも多くの激安アクションカムが売られていますが、画質を重視したい人はスペックだけで判断せず、真っ当な製品を買った方がいいと気づける記事でした。