トランプ大統領と電話会談を行う文大統領(青瓦台提供)=4日、ソウル(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と米国のトランプ大統領は4日夜(日本時間)、電話会談を行い、2月9日に開幕する平昌冬季五輪期間中に両国軍による定例の合同軍事演習を実施しないことで合意した。

 青瓦台(大統領府)の尹永燦(ユン・ヨンチャン)国民疎通首席秘書官によると、両首脳は約30分間会談し、平昌五輪に向けた南北対話の開催などについて議論した。

 両首脳が平昌五輪期間中に合同軍事演習を実施しないことで合意したことを受け、北朝鮮が平昌五輪に参加する可能性が高まるなど、朝鮮半島の緊張が急速に和らぐ見通しとなった。

 韓米首脳の電話会談は昨年11月30日以来で、今回で8回目となる。

 両首脳は平昌五輪が安全かつ成功裏に開催されるよう最善を尽くすとともに、合同軍事演習を実施しない代わり、両国軍が五輪の安全な開催のために最大限努力することにした。

 文大統領はトランプ大統領に対し、「北がこれ以上挑発を行わない場合、平昌五輪期間中の韓米軍事演習を延期するという意向を示せば、平昌五輪が平和の五輪となり、興行的に成功することに大きく役立つ」と話した。これに対し、トランプ大統領は「五輪期間中に軍事演習はないと言っても良い」と応じた。

 また、文大統領は「南北対話の過程で米国と緊密に協議する」とし、「南北対話は北の核問題の解決に向けた米国と北との対話環境づくりに役立つと確信する」と述べた。

 トランプ大統領は南北対話の再開を歓迎し、良い結果が出ることへの期待感を示した。その上で「南北対話でわれわれの支援が必要ならいつでも知らせてほしい」として、「米国は100%、文大統領を支持する」と語った。

 また、平昌五輪に家族のほか、高官級の代表団を派遣する意向を重ねて示した。