『ビートたけしの私が嫉妬したスゴイ人』(フジテレビ)番組HPより

写真拡大

 たけしよ、お前もか......。昨晩、安倍首相が出演した特番『ビートたけしの私が嫉妬したスゴイ人』(フジテレビ)を見ていて、そう呟かずにはいられなかった。

 番組は、アスリートや俳優など10人の「一流」の著名人が、各々に「嫉妬した」という人物を告白するという企画。そのひとりに安倍首相が含まれており、ゲストとして、MCのたけしや劇団ひとりらが待つスタジオに登場した。

 もちろん、たけしはもともとリベラルではない。むしろ人権や平等といった戦後民主主義的な価値観を茶化す芸で脚光を浴びた芸人であり、社会的発言をするようになってからも反動的なスタンスをとることが少なくなかった。しかし、それでも成り上がり的権力志向丸出しの松本人志などとは違って、最低限の教養は感じられたし、右から左まですべてを茶化すという姿勢は保持し続けていると思っていた。しかも、たけしは最近、安倍政権にさすがに危機感を感じ始めたのか、その右傾化政策を批判する発言もするようになっていた。

 たとえば、著書のなかでは、安倍政権が推し進める道徳教育について「道徳がどうのこうのという人間は、信用しちゃいけない」と批判していたし、例の一億総活躍なるキャッチコピーについても「こんなスローガン、『軍国主義を日本中・世界中に思い起こさせたい!』と、あえて狙ってやってるのかと思うぐらいだよ」とぶった切っていた。

 だから、たけしの番組に安倍首相が出ると聞いた当初、安倍首相と真っ向から対峙するのは無理でも、鋭い風刺や揶揄のひとつやふたつはぶっ放してくれるのではないかと密かに期待していたのだ。

 しかし、放送された番組では、そんなものはひとつもなかった。それどころか安倍首相のアピールに乗っかり続け、"安倍PR番組"の接待役を忠実に務めたのである。

 たけしは安倍首相がスタジオに登場すると、はやくも「おれは自慢じゃないけどね、野党に下野したときにね、麻生さんと安倍さんはよく番組に出てくれたんだよ」「ありがたい」と感謝を表明する。

 この時点ですでにガッカリ感満載だったのだが、本当に失望したのはそのあとだった。本題に入り、安倍首相が「嫉妬する人」は石原慎太郎だと言い、「なんでも言いたいことを言いながら全てを手に入れている」などと絶賛すると、たけしはただ一言「慎太郎さんはどっちにも与しない感じがありますよね」とうなづいただけだったのだ。

「ニュースを扱うわけでもない純粋な正月バラエティ番組なんだから、そんなもんでしょ?」と言う人もいるかもしれないが、このたけしの姿勢は、本職のお笑い芸人としても、ありえない。

 安倍首相があの石原に嫉妬しているというのは、政治的なスタンスとは関係なく、ツッコミどころ満載のネタで、「じゃあ、安倍さんも石原さんみたいに核武装しろとか、中国と戦争したいとか本当は言いたいの?」とか、いくらでも切り込むことができた。ところが、たけしはそんなそぶりなんて一切見せず、まったく的外れな慎太郎論を口にして、その場をごまかしたのだ。

 例のトランプ来日時の"バンカー転落事件"に話題が及んだときもそうだった。念のため解説しておくと、バンカー事件とは、トランプとのゴルフ中にバンカーに入れてしまった安倍首相が、バンカーショットでもミス、トランプは「早く出せよ」と言いたげに安倍首相を一顧だにせず、スタスタと先へ。焦った安倍首相は急いでバンカーの縁に足をかけるが、バランスを崩し、後方に一回転、自らがバンカーに落っこちてしまう。ところが、トランプは安倍首相の転倒を気遣うどころか、完全に無視して歩いて先に行ってしまったのだ。この映像、エピソードはとくに海外メディアでさんざん紹介され、茶化された。

 ところが、安倍首相は番組のなかで、このバンカー事件を自ら持ち出して「私もいいショットをしたんですが、いいショットは流さないんですよ! 流さない!」と八つ当たり的にメディアを批判。さらに、こんな自慢話まで延々と展開していった。

「(トランプ大統領の)お相手をしなきゃいけないという気持ちでちょっと焦ったんですね、(傾斜の)高いほうから出ようとしたらですね、若い時の気持ちでグッと足を踏ん張ったら踏ん張りきれずに後ろにグルッと転がっちゃったんですね。クルンと! クルンと後ろに転がったんですが、そのままスックと立ったんです! で、何事もなかったように出ていったんですね」
「でね、APECの首脳会合に言ったらね、首脳が言うんですよ。『安倍さん、身体やわらかいな』。それでトランプ大統領がね、みんなの前で言うんですよ。『安倍っていうのは素晴らしいゴルファーだけど、体操選手としても一流だよ。この柔軟性は』というからね、私はだから『外交は柔軟性ですよ』(と言ったんですね)」

 トランプから無残なおいてけぼりをくらったことはネグって、逆に武勇伝のように語る安倍首相のいつもながらのオレ様トークには辟易するしかないが、しかし、こういうゲストの失敗談というのは、本職の芸人にとっては最高にオイシい"いじりネタ"だろう。このときも、「日本がピンチでもアメリカは手を貸してくれないってね、おいらはそう思ったよ」とか「安倍さん、日米安保、大丈夫か、とか思わなかったの」とかなんとでも言える場面だった。

 しかし、たけしはそんなツッコミどころか、トランプが安倍を無視して、先に行ってしまったことすらも触れなかったのだ。爆笑して「なるほど!」「いい返し!」「イイネ!」と絶賛する劇団ひとりら出演者とともに、たけしも、ただただ笑顔で安倍首相の演説を聞いているだけ。

 とにかく、この日の番組はずっとこんな調子だった。安倍首相のほうが「おれって面白トークができるだろ」と芸人気取りで大して面白くもない話を延々と自慢げに語り、それをレギュラー出演者がなんのつっこみもせずにただただ笑い「おもしろい」と絶賛し続ける。その様子はまさに、大企業の勘違い社長を必死で接待する取引先の中小企業社長と社員たちの姿そのものだった。

 総選挙直前、安倍首相の盟友・幻冬舎の見城徹社長が自らのネット番組「徹の部屋」(AbemaTV)に安倍首相をゲスト出演させ、ヨイショを連発したことに対して、たけしの弟子である水道橋博士が〈これくらい「飲み屋でやれ!」と思う映像も珍しい〉と突っ込んだことがあったが、この日のやりとりもまさに「飲み屋でやれ」と言いたくなる接待ショーだったというべきだろう。

 しかし、改めて悲しくなるのは「世界のキタノ」がそんな薄ら寒い接待ショーの中心にいたことだ。

 しかも、たけしはこの収録ですっかり安倍首相にひれ伏してしまったらしい。番組の最後、劇団ひとりから「国民栄誉賞の基準ってなんですか? それこそ、われわれとしてはたけしさんとかに国民栄誉賞をとっていただきたいと思ってるんですよ!」と訊かれた安倍首相が「(基準は)前人未到ですね、前人未到の領域に(たけしさんは)やや入ってます」とコメント。「やや」などと上から目線で批評されても、たけしはまんざらでもなさそうな表情で微笑むばかりだった。

 また、たけしの場合、大物相手に共演中はおとなしくしておいて、あとになって毒づくというパターンもあるが、それでもなかった。数日前のスポーツ紙で、たけしが収録後、安倍首相についての感想を聞かれ、こうコメントしていたことが報じられたのだ。

「堅苦しいことを言わずに、冗談言って帰っていったのは最高だったね」「やっぱり頭のいい方」「番組全体で考えると今日の話は最高で、笑い話をたくさんしてもらったのはよかった」

 この感想、もはや、フツーのオッサンじゃないか。まったく「世界のキタノ」が聞いてあきれるが、しかし、考えてもみると、たけしの強いものになびく姿勢は、いまに始まったことではない。

 全盛期には常に「危なっかしい」雰囲気をまといながら、ありとあらゆる"権威"をバカにしていたたけしだが、実は、有名な1986年のフライデー襲撃事件からすこし後、テレビに復帰した際、右翼団体から街宣活動を起こされると、「芸能界のドン」ことバーニングの周防郁雄社長や周防社長と昵懇のライジングプロ・平哲夫社長に泣きついて仲裁に入ってもらい、手打ちをしてから一変したと言われている。

 右翼を過剰に恐れるようになり、テレビや執筆活動でも政治風刺こそするが、それまでのような固有名詞を連呼しながら踏み込むような発言は、めっきり鳴りを潜めてしまった。

 そう振り返ってみると、ビートたけしという人間はむしろ、権力側からみればいたって与し易い相手なのかもしれない。安倍首相は、生粋の"無知性ヨイショ芸人"である松本人志の『ワイドナショー!』(フジテレビ)をはじめ、出演するメディアを選別することで知られる。ようするに、今回の番組出演も、そうしたたけしの性質をよく見定めて、"安牌"と考えたからではないのか。

 高齢によるキレのなさも指摘されるたけしだが、いずれにしても、安倍側から、権力を批判するだけの知性がもはや失われているのを見透かされていた。そういうことだろう。繰り返すが、番組のなかで安倍首相に一切の政治風刺を利かせられないどころか、笑いとしてもまったく揶揄できなかったのは、その証左だ。安倍政権のPRに利用されるだけ利用される。逆に言えばそれだけバカにされているのである。ビートたけしは恥ずかしくないのか。
(編集部)