画像提供:マイナビニュース

写真拡大

Net Applicationsから2017年12月のタブレットOSシェアが発表された。2017年12月はAndroidがシェアを増やし、iOSがシェアを減らした。タブレットにおいては、iOSがAndroidのシェアよりも高い状態が続いていたが、2017年12月にはAndroidのシェアがiOSのシェアを超えた。

タブレットデバイスにおけるiOSとAndroidのシェアは支配的な状態にあり、両者でほぼ100%を占めている。AndroidとiOSのシェアはそのままタブレットデバイスにおけるChromeとSafariのシェアにもつながっており、AndroidがiOSを超えた2017年12月はChromeがSafariを超えた月にもなった。