Johnny's net内、関ジャニ∞のアーティストトップページのスクリーンショット

写真拡大 (全6枚)

ジャニーズ事務所が運営する公式ファンサイト・Johnny's netにおいて、年明けから所属タレントの写真が掲載され始めています。

【ジャニーズ事務所がネット写真解禁 そのとき元SMAPの3人は…の画像・動画をすべて見る】

以前までアーティストのトップページに掲載されていたのは、グループ名や個人名のロゴのみ(そこから「Profile」にアクセスすると、個人写真を見ることができました)。

現在はそれぞれアーティスト写真が掲載されており、各タレントの姿を確認することができます。

嵐に関ジャニ∞など、ネット写真解禁の兆し

ジャニーズ事務所といえば、ネット上における画像や映像の使用に対して、とりわけ厳しく慎重な方針で知られています。

例えば所属タレントが表紙を飾った雑誌がネットで販売される場合、当該人物のシルエットのみが掲載され、異様なデザインに。

ザテレビジョン 首都圏関東版/画像はAmazonより

かつては『かまいたちの夜』と呼ばれたこともありましたが、僕自身、いつの間に日常として受け入れるようになっていました。

ちなみに、上記の『ザテレビジョン』では、表紙を飾る嵐の姿は白抜きになっていますが、右上をよく見ると稲垣吾郎さん、草なぎ剛さん、香取慎吾さんの年賀状ポストカードの柄が爛々と。2017年の芸能界を象徴するできごととして大きな話題となりました。

一方で、徐々に風向きは変わりつつあったようです。例えば、Netflixオリジナルドラマ『フラーハウス』にマリウス葉さん(Sexy Zone)の出演が決まったという情報は、出演シーンの場面カットとともにネットニュースで紹介されました(外部リンク)。

年末に放送されたFNS歌謡祭の公式サイトでは、嵐やKinKi Kidsなど、複数のタレントの写真が掲載(公式サイト)。

松本潤さん(嵐)出演のドラマ『99.9-刑事専門弁護士-SEASON供戮Twitterには、松本さんを含めたキャストのメインビジュアルが投稿されています。

年末年始には木村拓哉がYouTubeの広告動画に出演

木村拓哉さんの写真も/画像はJohnny's net内、木村拓哉さんのアーティストトップページのスクリーンショット
Johnny's netにおける写真掲載前に注目を浴びたのが、元SMAP・木村拓哉さんのLINEのCM出演です。

CMはTV放送と同時にネット上でも公開されました。
ともだちへ。 #LINEのお年玉 明日から。


さらに1月1日からは、西武・そごうの企業メッセージ広告に出演。
【西武・そごう】わたしは、私。木村拓哉さんオリジナルムービー


店舗に掲出されるポスターとともに、メッセージが書かれた特設サイトも開設されています。

木村拓哉さんを起用した西武・そごうの企業広告/画像は特設サイトのスクリーンショット

写真解禁──そのとき、稲垣、草なぎ、香取の3人は…

もちろん中居正広さんの写真も掲載/画像はJohnny's net内、中居正広さんのアーティストトップページのスクリーンショット
今回、Johnny's netでの写真解禁を受けて、ネット上には驚きや喜びの声とともに、「雑誌の表紙も解禁してほしい」「時代を考えたら遅すぎる」「『新しい地図』を意識したのでは?」など、様々な声が上がっています。

真意は定かではありませんが、SMAP解散後、新しい地図を立ち上げた3人、稲垣吾郎さん、草なぎ剛さん、香取慎吾さんの影響が、少なからずあったのではないでしょうか。

3人が出演したネット番組「72時間ホンネテレビ」は、総視聴者数7400万人を超え、テレビ局が取り上げない中で、大きな反響を集めました。

年明け早々から、3人は「27Hunホンノちょっとテレビ」に出演。1月31日(火)には、香取慎吾さんの「誕生日お祝い特番」の放送も決まっています。


Johnny's netに写真が掲載されたとみられる年明け、前述の通り3人は「27Hunホンノちょっとテレビ」に出演。

「27Hunホンノちょっとテレビ」で「72」を披露する稲垣さん、香取さん、草なぎさん
いつも通り、楽しそうな姿を披露していました。

草なぎさんはその後、「新年の挨拶」と題した動画を公開。
2018年 新年の挨拶 -いま新しい地図- フルコーラス


これまでコーラスごとに披露してきた自作の曲「いま新しい地図」をフルコーラスで歌ってくれています。

今回の写真解禁が、どの程度のものなのか、またその範囲が今後拡大していくのか。ジャニーズ事務所としても、ネットの影響力が無視できなくなる中で、今後の動向を注意深く見守りたいと思います。

いずれにしても、インターネットの世界でアイドルの姿を見られるというのは、非常に喜ばしいことなのではないでしょうか。