流通経済大柏のDF関川郁万【写真:編集部】

写真拡大 (全2枚)

流経大柏の2年生DF関川郁万の奮闘で2戦連続完封…日章学園に1-0で8強進出

 サッカーでありがちなのは、試合の主導権を握り、幾度となく決定的なチャンスを生み出しているにも関わらず、あと一歩が遠く焦れている間に、相手にポンっと入れられたロングボールで裏を取られ、あっけなく失点を喫してしまうような展開だ。勝敗というのは、案外そういう形で決してしまうこともある。そんな時、どんなロングボールも弾き出す“空中戦の制圧者”がいれば――。

  第96回全国高校サッカー選手権大会は3日、各地で3回戦が行われ、インターハイ王者・流通経済大柏(千葉)は日章学園(宮崎)に1-0で勝利した。

 この日の流通経大柏は、前日に3-0と快勝した大分西との2回戦とは異なり、どれだけシュートを打ってもネットを揺らすことができない、もどかしい試合展開が続いた。エースMF菊池泰智(3年)のバー直撃のシーンを含め、前半だけで4度決定的なシュートがあった。それでも、スコアを動かすには至らなかった。

 インターハイ王者が攻勢に出ることを想定していた日章学園は、立ち上がりからロングボールで前がかりになる相手の裏を狙う戦術を取り入れていた。数多くの決定機を逸し続ける流通経大柏、耐え忍びながら虎視眈眈と裏を狙う日章学園。波乱が起きてもおかしくはないような展開だ。

 しかし、そんな日章学園のロングボールをことごとく弾き返す屈強のエアバトラーがいた。DF関川郁万(2年)。前半に計6度、ロングボールを放り込まれたが、関川は全てヘディングで弾き出し、相手に付け入る隙を与えなかった。

「ヘディングでは負けない。どんな相手でも潰し切る。シュートは何度打っても点が入るとは限らない。だから最終ラインもそこを理解して焦れないように粘り強く守る。『焦れない』というのは自分たちにとって肝になる言葉」

 関川は試合後、自信と責任感に満ちた表情でそう語った。チームは後半27分のMF加藤蓮のゴールを守り切り、2戦連続の完封勝利を成し遂げた。

ボールを一切落とさない…関川が語った理由とは?

「無失点は最高の褒め言葉であり、最大の使命。だから、無失点には強いこだわりを持っている」

 この日、フクダ電子アリーナには強風が吹いていた。これはDFラインからしたら大きな障壁だ。それでも、関川は「試合前のウォーミングアップで、ロングボールをひたすら蹴って、ボールが伸びたり止まったりする方向をしっかりと確認して覚えた」と自信を持って試合に臨んでおり、見事に試合へと反映してみせた。

 空中戦で無類の強さを発揮する関川を見ていて感じたのは、とにかくボールを一切落とさないということだ。放り込まれたロングボールに対し、どんな体勢でも競り勝ち、決してボールをバウンドさせない。

「ボールをバウンドさせてしまうと、もう一回落ちてくるまでに時間がかかり、そこで相手にかっさられる準備をさせてしまう。後ろ向きのボールでも落とすな、と監督に言われている。監督やコーチは選手権の本質を知っているので、スローインからの失点や、高い位置で奪われての失点が全国大会では多いという統計を聞いていた。だから、バウンドしたボールを完全に落とすことは絶対にしない。どんなきつい状態の中でも、せめてボールを切ったり逸らしたりは徹底する」

 身長180センチとセンターバック(CB)の中ではとりわけ大きいというわけではないが、「相手より先に飛ぶことを常に意識している」ことでポジショニングで先手を取り、「絶対に潰してやるという気持ちで飛ぶ」ことが、空中戦を制する基盤となっている。

 関川の武器は何も自陣のみで完結するものではない。それは、敵陣のゴール前でも脅威と化す。

「試合前には絶対、セルヒオ・ラモスの動画を見る。点を取って守れる選手が自分の模範なので」

名将・本田監督が誇る堅守「無失点でいる限り、負けることはない」

 セルヒオ・ラモスと言えば、銀河系軍団レアル・マドリードでディフェンスリーダーを担っていることに加え、ストライカー顔負けの強烈なヘディングでゴールを量産する世界最高峰のCB。関川は、まさに流通経大柏においてセルヒオ・ラモスの役割を担っている。

 昨夏のインターハイでは3回戦の市立長野戦でCBながらハットトリックを達成し、準決勝の前橋育英戦ではミサイルのようなヘディング弾で決勝点を挙げた。「そろそろ選手権でも点を取りたいんですけどね。ただ、センターバックはまず無失点ですから」

 練習では棒にぶら下がっているボールをヘディングで、その棒を一周させるよう指示されているという。「絶対に回らないですよ、絶対無理!」とおどけたが、「でも、もう少しなんだけどね」と不敵に笑ってみせた。

 名将・本田裕一郎監督も「点が入らなくても無失点でいる限り、負けることはない」と言うように、流通経大柏には攻めあぐねてもブレない絶対的堅守がある。優勝したインターハイでも、大会全体の失点数は、次の対戦相手・長崎総科大付に喫した1点のみだ。

「プロ内定者みたいな、できれば強くて恐い選手とマッチアップしたい。相手が強力であればあるほど、自分は燃えるんで。こういう舞台も、自分は楽しんじゃうタイプで、全然緊張しません」

 そう語った関川の表情には、確固たる自信がにじみ出ていた。一発勝負の舞台で、チームの歯車が合わず、点が入らない展開も、ときには起こり得る。過去にもそうやって敗退してきた強豪校も数知れないほどだ。そんな時、関川のような“空中戦の制圧者”ほど、チームとってこれ以上、心強い存在はいないだろう。(THE ANSWER編集部)