ブレイディ・テネル【写真:Getty Images】

写真拡大

全米選手権、自己ベスト大幅更新で首位発進…米メディア「ブレイディ・テネルに資質あり」

 フィギュアスケートの全米選手権は3日(日本時間4日)に開幕し、女子ショートプログラム(SP)でブレイディ・テネルが自己ベストを大幅に更新する73.79点をマークし、首位に立った。優勝経験者を抑えた19歳の新星に対し、米メディアも「予期せぬ戴冠」「自分が本物だとライバルに立証」と驚きを持って報じている。

 19歳の新星が圧巻の演技で平昌五輪に前進した。

 7番手で登場したテネルはジャンプをミスなく着氷。今季はグランプリ(GP)シリーズのスケートアメリカで日本の宮原知子、坂本花織に続き、3位に食い込んでいたが、当時出した自己ベスト67.01点を一気に6.78点更新する高得点をマーク。優勝経験者の長洲未来、カレン・チェンらを抑えてSP首位に立った。

 驚きの展開に地元の米メディアも新星の台頭を続々と報じている。

 ロサンゼルス地元紙「LAタイムズ」電子版は「ブレイディ・テネルに資質あり」と見出しを打って特集。「テネルは自分が本物だとライバル相手に立証した」「11月のブレークはまぐれではないと示した」と称賛している。

大舞台も自然体で挑んだSP「五輪の事はすべて見ないふりして…」

「ワシントンポスト」電子版は「テネルが全米選手権で有力候補として自らを紹介」と特集を組み、「予期せぬ戴冠」「息を飲むショートプログラム」と賛辞を送った。

 また、スポーツ専門局「NBCスポーツ」は「ライジングスターのブレイディ・テネルが73.79点で全米選手権のショートプログラム記録を塗り替え、オリンピックを見据えた」と言及。3枚ある平昌五輪の出場権獲りに向けても大きく前進したが、記事によれば、大舞台にも自然体に臨んでいたという。

「オリンピックの事はすべて見ないふりして、ただ自分の知ってる滑り方で滑るようにしました」

 こう語ったというテネル。果たして、成長著しい19歳は、勢いそのままに五輪切符も掴み取るのか。5日(日本時間6日)に行われるフリーは、大注目の争いとなりそうだ。(THE ANSWER編集部)