昨年10月18日、ソウルで会談を行う(左から)ユン氏、李氏、金杉氏(資料写真)=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国の外交部当局者は4日、北朝鮮核問題を巡る6カ国協議の首席代表を務める李度勲(イ・ドフン)朝鮮半島平和交渉本部長が2日に米国首席代表のジョセフ・ユン国務省北朝鮮担当特別代表、4日に日本首席代表の金杉憲治・外務省アジア大洋州局長とそれぞれ電話会談を行ったと明らかにした。

 同当局者によると、電話会談では北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が1日に発表した「新年の辞」に関する情報共有や今後の対応方向などについて議論した。

 一方、李氏は5日には韓国を訪問する中国首席代表の孔鉉佑・朝鮮半島問題特別代表と会談を行う。