井上尚弥とゾラニ・テテ【写真:Getty Images】

写真拡大

プロモーターが歓迎、井上側が希望すれば“即快諾”「冗談抜きで瞬く間に試合作る」

 ボクシングのWBO世界スーパーフライ級王者・井上尚弥(大橋)はV7を達成し、今年はバンタム級に転向する意向を表明している。新たな舞台に上がる2018年は、どんな一年となるか。マッチメークに大注目が集まる中、あの“11秒KO男”の陣営が対戦を歓迎している。

「ウォーレンがゾラニ・テテVS井上尚弥を希望」と報じたのは、米ボクシング専門メディア「ボクシングニュース」だ。

 記事では、バンタム級に転向すれば、WBO世界王者ゾラニ・テテ(南アフリカ)に挑戦する権利を持ち、テテのプロモーターであるフランク・ウォーレン氏は、井上側が望めば「テテVS井上」に賛成していると紹介。「冗談抜きでテテと井上の一戦を“瞬く間に”作る、とウォーレンは言う」と伝えている。

 テテといえば、昨年11月のシボニソ・ゴニャ(南アフリカ)戦でタイトル戦史上最短となる11秒でKO勝ちを果たし、世界に衝撃を与えていた。そんなバンタム級の怪物と拳をまみえることになるのか。運命の行方は「テテと戦いたいか否かを決める井上側のマネジメントにかかっている状況だ」と分析している。

 さらに、記事ではウォーレン氏が自身のサイト上のコラムで語ったコメントを紹介。井上側からオファーがあれば“即快諾”の意思を明かしている。

“夏激突”の可能性も…ウォーレン氏「このメガファイトを起こせない理由はない」

「我らがゾラニはナルバエスとの指名試合が控えるが、このメガファイトが起こせない理由は全くない。我々は瞬く間に届け出るよ。井上尚弥は明らかにバンタム級でベストを尽くしたがっていて、臆せず名指しもするが、それは明らかにゾラニ・テテだ」

 テテは2月10日にWBO同級1位オマール・ナルバエス(アルゼンチン)と指名試合を戦うが、井上とのビッグマッチを阻む理由にはならず、対戦に前向きな様子。記事では「もし、井上がバンタム級の世界タイトル戦に興味があれば、夏もしくは、それより前にテテと面することが可能だ」と夏の激突の可能性を指摘している。

 ただし、テテ戦については「井上にとってスーパーフライ級での経験と違うストーリーとなるだろう」とした上で「テテは明らかにこれまで井上がプロで対峙してきた誰よりも強打者だ。パンチ力の高い者と戦う限り、井上にとって大きな階級進出となるだろう」とバンタム級が簡単な道ではないと展望している。

「Monster」の異名を取り、数々の難敵をマットに沈めてきた24歳。新たな舞台で誰と拳を交え、どんな道を歩むのか。2018年早々、世界の注目は早くも高まりを見せている。(THE ANSWER編集部)