アンミカ、通販タレントの地位を向上させたい!売るための心理テクや裏技明かす

写真拡大

千鳥とハライチがMCとして初タッグを組む『身を削って言っちゃいます』(フジテレビ)が、1月4日(木)25時25分より放送される。

同番組は、「身を削ってでも主張したい!」という熱い想いを持つ芸能人が、自身のマル秘テク、業界のカラクリ、大人の事情を告白するトークバラエティ。

身を削ってくれる人=“身削リスト”として1人目に登場したのは、「いわゆる“通販タレント”の地位を向上させたい」というアンミカ。「台本通りに商品を勧めてお金をもらっていそう」というスタジオ出演者や世間からの印象に、アンミカは「そんなことはあり得ない!」と反論する。また、通販タレント=2流という世間のイメージを払拭すべく「視聴者の心を揺さぶる通販心理テクニック“アンミカノミクス”」を伝授するほか、「売りたい時はちょっと方言を混ぜる」など、細かい裏技まで披露。MCの4人は、アンミカの身を削った主張に納得するのか?

2人目の“身削リスト”は芸歴17年の磯山さやか。彼女を前に、MCの4人は「何の人だっけ……?」と沈黙する。さらに、ぽっちゃりブームに乗る磯山を、岩井勇気(ハライチ)が「ただの怠惰」とバッサリ斬るが、磯山は「これといって代表作がないのに芸能界に長く居続けられた理由」を、身を削って伝えようとする。「とりあえずブッキングしておこう」と思わせる振る舞い方や、流行に合わせて七変化してきた歴史、そして磯山のプロフィールに潜む現代ならではの仕掛けとは?

さらに、4人も負けじと現場の裏話を暴露。大悟(千鳥)は「地元・岡山でのロケの時は、来たことない場所でも“懐かし〜!”と言う」と、ノブ(千鳥)は「大御所やタレントの前では早めに“クセが強いんじゃ”を出して媚びる」とコメント。また、大物お笑いタレントのおならのレパートリーについて、びっくり情報も飛び出す。