魯報道官(資料写真)=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部の魯圭悳(ノ・ギュドク)報道官は4日の定例会見で、北朝鮮問題の解決策に関連し、中国が主張する「双中断」(北朝鮮の核・ミサイル開発と韓米合同軍事演習の同時停止)について、「韓国政府はその立場に同意しない」との姿勢を重ねて示した。

 平昌冬季五輪・パラリンピック期間中に予定されている定例の韓米合同軍事演習が延期される可能性については、「韓米の軍当局が緊密に協議している」とした。

 韓国政府が北朝鮮に対し高官級の当局者会談を提案したことについて、米国側から否定的なメッセージが出ているとの指摘に関しては、「北の動向を鋭意注視し、両国は隙のない連携を継続していく」として、「緊密な意思疎通を通じ、朝鮮半島情勢に積極的に対応しながら、北関連の政策連携と調整を続けていく」と強調した。

 南北対話が韓米同盟や北朝鮮の非核化に向けた取り組みに与える影響については、「政府はこの間、北の核を容認しないという原則を堅持する中、国際社会と北の核問題の平和的な解決のため連携を続けてきた」として、「こうした原則に基づき、今後も南北関係の改善とともに、北の非核化進展に向けた環境づくりのため、さまざまな外交努力を傾注していく」と表明した。