画像提供:マイナビニュース

写真拡大

Net Applicationsから2017年12月のモバイルOSシェアが発表された。2017年12月はAndroidがシェアを減らし、iOSがシェアを増やした。モバイルにおけるAndroidとiOSのシェアは合算値で99%前後を推移しており、きわめて強い影響力を持っている。

バージョン別に見ると、iOSとAndroidの双方でそれぞれのブランチの最新バージョンへの移行が進んだことを確認できる。iOSは最新版へのアップグレードが早い段階で実施されるが、Androidは複数のバージョンへ分割する傾向が見られる。