中国外交部の耿爽報道官は、北朝鮮が板門店の連絡チャンネルを再開し、平昌冬季五輪への参加について協議すると発表したことについて「中国側は朝韓双方が平昌冬季五輪を契機に相互関係の改善、朝鮮半島情勢の緩和、非核化実現のため努力することを歓迎する」と表明した。

写真拡大

中国外交部の耿爽(グン・シュアン)報道官は3日の定例記者会見で、北朝鮮が板門店の連絡チャンネルを再開し、平昌冬季五輪への参加について協議すると発表したことについて「中国側は朝韓双方が平昌冬季五輪を契機に相互関係の改善、朝鮮半島情勢の緩和、朝鮮半島の非核化実現のために確かな努力をすることを歓迎し、また支持する」と表明した。

【記者】北朝鮮が3日午後から板門店の連絡チャンネルを再開し、平昌冬季五輪への選手団参加について韓国側と協議すると発表したとの報道について、コメントは。

【耿報道官】中国側は朝韓双方が平昌冬季五輪を契機に相互関係の改善、朝鮮半島情勢の緩和、朝鮮半島の非核化実現のために確かな努力をすることを歓迎し、また支持する。中国側は朝鮮半島問題の関係各国は朝鮮半島情勢における前向きな動きを捉え、同じ方向に向かうべきだと主張している。

朝鮮半島情勢を対話と協議による平和的解決という正しい道へと後押しし、朝鮮半島の非核化と長期的な安定・平和を実現するため、中国側として引き続き積極的・建設的な役割を発揮したい。(提供/人民網日本語版・編集/NA)