4日放送の「PON!」(日本テレビ系)で、KAT-TUN再始動の理由を芸能リポーター・駒井千佳子氏が推測した。

番組では、KAT-TUNが今年から再始動する話題を取り上げた。KAT-TUNは2016年3月末に田口淳之介が脱退し、デビュー当時は6人だったメンバーが3人となる。そこでグループは翌々月の5月から「充電期間」に入り、残ったメンバーの亀梨和也、上田竜也、中丸雄一は各自ソロ活動に専念していた。

そんな中、昨年12月31日から今年1月1日にかけて行われた、年越しライブ「ジャニーズカウントダウン2017-2018」(フジテレビ系)で、KAT-TUNは活動を再開させると宣言したのだ。

「なぜ、この時期なのか?」について、 KAT-TUNの大ファンだという駒井氏がVTR出演し、解説した。1番大きな理由は、「去年1年間のメンバーそれぞれのソロのお仕事が非常に充実していた」「活動が充実したことで、『もう一度KAT-TUNとしてできる』っていうのが、彼らの中で自信になったんだと思うんです」と語った。

なお、充電期間に入る直前のコンサート「KAT-TUN 10TH ANNIVERSARY LIVE TOUR“10Ks!”」で、中丸は「また力をつけて集まったときに、何かおもしろいことが生まれると思っているので、そのときに集まって楽しく盛り上げましょう」と語るなど、各メンバーがファンにグループの一層の進化を約束していた。

昨年、亀梨は映画「PとJK」やドラマ「ボク、運命の人です。」(日本テレビ系)に主演、「24時間テレビ」(同)のメインパーソナリティーを務め、ソロコンサートも開催。上田はドラマ「新宿セブン」(テレビ東京系)や舞台で主演し、中丸はドラマ「マッサージ探偵ジョー」(同)の主演やセルフプロデュースの舞台、バラエティー番組の出演に奮闘した。

【関連記事】
「なめくさったKAT-TUNだった」上田竜也がキンキ堂本光一に懺悔
KAT-TUN亀梨と中丸の違いに番組P驚き「同じグループでも全然違う!
宮迫博之 田中聖容疑者逮捕でKAT-TUNのメンバーに同情「かわいそうで仕方ない」