画像提供:マイナビニュース

写真拡大

2018年の年頭にあたり、2018年の年頭にあたり、レッドハットの代表取締役社長を務める望月弘一氏は、以下の年頭所感(抜粋)を発表した。

クラウドの選択に自由を。オープンハイブリッドクラウド戦略でお客様のビジネス創造を支援

昨今、テクノロジーを駆使した既存のビジネスを破壊するディスラプション(創造的破壊)がさまざまな領域におよんでおり、企業はテクノロジーを変革の源泉としてビジネスを遂行することが求められています。その波は今や日本にも大きく押し寄せて来ており、企業はより柔軟かつ迅速に新たなビジネス創造を実行できるよう、テクノロジー投資をシフトする必要性が高まっています。

2017年、レッドハットはこうした環境の中、通信、製造、金融業界や政府官公庁などのお客様へ業種ごとのソリューション提案を行うことにより、また多くのパートナー様との協業体制強化により、ビジネスにおいて素晴らしい一年となりました。

「アプリケーションの高度化」「クラウド&コンテナ活用の促進」「DevOps/IT自動化の実現」の3つの分野で幅広い提案活動を行い、確立されたRed Hat Enterprise Linuxの堅調な推移に加え、ディスカバリーセッションなどの課題解決型提案が進展したことも、ビジネス貢献の要因となりました。

さらなる成長を目指し、2018年レッドハットは、お客様のビジネス変革を支えるべく下記領域に注力してまいります。

○オープンハイブリッドクラウドの実現に向けた提案強化

企業にとってクラウドテクノロジーの選択は、もっとも重要なIT戦略の1つとなっています。レッドハットは、1つのクラウドテクノロジーにロックインされることのない、オープンかつハイブリッドなクラウド環境の実現に向け、下記の重点施策とレッドハット製品/ソリューションによりお客様のIT環境高度化を支援します。

オンプレミスからクラウドまで一貫性のある共通化されたIT環境を提案し、企業ITの最適化を推進します:Red Hat Enterprise Linux、Red Hat JBoss BRMSを含むRed Hat JBoss Middleware

あらゆるサービスと連携できるインテグレーション環境を提案し、企業ビジネスサービスのAPI化の促進に貢献します:Red Hat JBoss Fuse、Red Hat 3scale API Management

企業によるマルチクラウドの活用とIT自動化を促進し、俊敏性、拡張性の高いハイブリッドクラウドを実現します:Red Hat OpenStack Platform、Red Hat Ansible Automation、Red Hat CloudForms、Red Hat OpenShift Container Platform

コンテナ技術を活用したクラウドネイティブなアプリケーション開発と実行環境の構築、DevOps導入を推進します:Red Hat OpenShift、Red Hat OpenShift Application Runtimes、Red Hat OpenShift.io

○お客様の課題解決型提案の拡充

ITの課題抽出から導入支援サービスに至るまでを支援するディスカバリーセッション/ワークショップを、DevOps導入に加えて、アジャイルインテグレーションやIT自動化についても提供していきます。また、業界特化型の提案を加速するため、お客様業界ごとの営業組織を拡充していきます。

○パートナー企業との連携拡大・協業を強化

レッドハットが提供するソリューションポートフォリオの拡大に伴い、パートナー様との協業はこれまで以上に重要となります。Red Hat Enterprise Linuxを基軸とした協業に加え、上記オープンハイブリッドクラウドの実現に向けた新興テクノロジー製品における協業を促進します。

オープンソースが多くの企業のビジネスイノベーションを牽引していることが広く認知されている今、レッドハットは引き続き、オープンソースによる技術革新を担うお客様、開発者、パートナー企業の懸け橋となり、新たなビジネス創造を可能にするIT環境構築を支援してまいります。

また多様性を尊重し、実力主義や透明性を重視するオープン・オーガニゼーションの考えに基づき、社員が最大限の能力を発揮できる革新的な企業になるべく邁進いたします。

本年も引き続きご指導、ご鞭撻を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。