画像提供:マイナビニュース

写真拡大

Net Applicationsから2017年12月のデスクトップOSのシェアが発表された。2017年12月はWindowsがシェアを増やし、Mac OSとLinuxがシェアを減らした。Windowsをバージョン別に見ると、Windows 10がシェアを増やし、Windows 7、Windows 8.1、Windows 8、Windows XPはシェアを減らしている。MicrosoftはWindows 10への移行を進めており、2017年12月はMicrosoftの望む形で移行が進んだ結果となった。

ただし、移行の割合は小さいものにとどまっており、相変わらずWindows 7が最も高いシェアを確保している。Windows 7のシェアが減少する大きな理由は見当たらず、今後も高いシェアを維持するものと見られる。

また、Windows XPはすでにサポートが終了しているにもかかわらず、5.18%のシェアを確保しており、バージョン別で第5位を確保しているも注目に値する。