テレ朝『羽鳥慎一モーニングショー』初の年間民放トップ

写真拡大

羽鳥慎一をメインキャスターとして2015年10月からスタートさせた『羽鳥慎一モーニン グショー』(テレビ朝日系、毎週月〜金、8:00〜9:55)。2018年1月で放送2年3か月を迎えるが、2017年1月〜2017年12月までの年間の平均視聴率が8.0%をマークし、初の年間民放トップとなったことがわかった。この時間帯の情報番組での年間民放トップはビデオリサーチ社に毎分視聴率が残る1989年以降で初めての快挙となる。(※注)

番組スタートの2015年10月の月間平均視聴率は5.9%だった同番組だが、翌11月からジワジワと数字が上昇。月間平均視聴率は、6%台をキープするようになった。そして、2016 年9月に月間平均視聴率で7.4%と、初の同時間帯トップを獲得。好調さをキープしながら10月クール(10〜12月)ではクール平均7.7%と1クールでも初の同時間帯の民放トップを獲得した。2017年に入ると、さらに勢いがつき1月から3月は8%台をキープ。その後も月間 で民放トップの座を譲らず、初の年間視聴率民放トップを獲得した。

この結果に対し、羽鳥は「いつも見てくださって本当にありがとうございます。これからも、皆さんが何を見たいのかを常に考え、少しでも分かりやすい番組作りを心がけていきます。2018年もよろしく お願いします」とコメントを寄せている。

また、この番組の小寺敦チーフプロデューサーは「視聴者の“知りたい”に応えたい! というのをまず第一に番組つくりをしてきました。年間トップという結果におごることなく、これからも視聴者の信頼を得られる番組づくりを進めてまいります」と語っている。

(※注)2017年1月4日〜2017年12月29日の月〜金(年末年始など未放送日のぞく)8:00〜9:55の時間区分(平均視聴率はすべてビデオリサーチ調べ/関東地区)。フジテレビ『とくダネ!』(8:00〜9:50)、日本テレビ『スッキリ!!』1部(8:00〜9:30)、TBS『ビビット』(8:00〜9:55)との番組視聴率での比較。