迫田さおりさん【写真:編集部】

写真拡大 (全2枚)

【連載第1回】ロンドン五輪銅メダリスト、バレー人生の意外な中高時代とは

 2012年ロンドン五輪の銅メダリストであり、2016年リオデジャネイロ五輪にも出場した女子バレーボールの元日本代表・迫田さおりさん。日本の第一線を走りながら、高校時代は現在開催中の「春高バレー」の出場経験はなく、決して、ずっと輝かしいキャリアを歩んできたわけではない。バレーボールを始めた小学生から2017年に現役を引退するまでの約20年間を全3回に渡って辿る。

【連載第1回】春高バレーがどんな大会かも分からず… 元日本代表・迫田さおり、異端のバレー人生
【連載第2回】目は毎日腫れ、体はガリガリ 迫田さおりが今明かす、SOSを出せなかった“あの時”
【連載最終回】「私はアスリート失格だった」― それでも、元日本代表・迫田さおりが輝けた理由

「お姉ちゃんと一緒に遊びたい」。それが、迫田がバレーボールを始めたきっかけだった。2歳上の姉を体育館の外からのぞき見ていた妹は、小学3年生になるとバレーボール少年団に入団。その後、中学、高校も姉を追って同じ学校へと進んだ。

 中学から高校へ進学するとき、迫田には姉と同じ高校のほかに、地元、鹿児島県内の強豪高からも声がかかる。しかし、彼女の最優先事項は強さではなかった。

「通っていた中学は、県内有数の強豪校でしたが、私自身は部活動に取り組む、一中学生。春高がいったいどういう大会なのかさえもわかっていなかった。中学の先生には『強い高校へ行かないか』と言われたけど、そこへの欲がない。姉と一緒の学校に行きたい、と言い張りました。

 進学した県立鹿児島西は県大会で3回戦へ進めば御の字。夏休みも合宿があったり、終日練習があったりする高校が多いなか、練習があっても半日は休み。運動は大好きだったから、部活動がめちゃめちゃ楽しかった」

 小学校から中学にかけて、厳しい環境でバレーボールを続けていた迫田にとって、“ただただ楽しい”という感覚は久しぶりだったという。

「普通の就職」のつもりで東レへ「実業団に“全日本”というチームがあると…」

「中学も高校もどんなに厳しくても、始めたからには3年間、部活は続けようと決めていました。でも、将来も実業団で続けようなんて想像さえもしたことがなかった。高校での“楽しい気持ち”が、その後のバレーボール人生につながったと思います」

 そんななか、迫田は高校3年次に鹿児島県選抜に選ばれる。チームは国体で3位入賞。恐らくこれが、東レアローズから声を掛けられたきっかけだった、と振り返る。

「うちでは、グラチャンや世界バレー、ワールドカップ、オリンピックと大きな大会があると、いつも家族みんなでテレビを観ていました。でも、私自身はそれほど興味がなくて、眺めている程度。実業団のことをまったくわかっておらず、“全日本”というチームがあると思っていたくらいです」

 だから、東レアローズに決めたときも「普通の就職と同じ感覚だった」という。

「もちろん、入団する前にプレミアリーグも何度か見に行きました。でも、そこに入ることについて本当に深く考えていなかった。何もわからなかったからこそ、決められたんだとも思います(笑)」

 いざ東レに入団すると、迫田は「私が来る世界ではない」とショックを受ける。

「来る日も来る日も、監督や先輩に厳しく指導されたり怒られたりで、コートにさえ立てない。私は必要とされていない選手なんだと感じ、たまらずマネージャーに『選手をやめて別の立場からチームに貢献したい』と申し出たことも。でも『選手として入団したのだから選手として頑張れ』と言われました」

「ああ、私は東レにきて本当に良かったな」と思った瞬間とは

 レギュラーに定着したのは入団から4年も過ぎた2009-10プレミアリーグとなる。きっかけは2009年12月18日。天皇皇后杯のJTマーヴェラス戦。初めてスタメンに入った迫田のプレーが一気に爆発する。

「あの日は私の誕生日でした。『自分の誕生日は自分で祝え』と言われてコートに入ると、たまたまプレーが爆発。アタックを打てばほぼ決まる展開で、すごく楽しかったですね。絶対に勝てないと言われていた相手にも勝ち、チームメイトはみんな『ミラクルだよ!』と笑っていました」

 1年目から試合には出ていたものの、それまではまったく自信を持てず、「自分はこのユニフォームを着るに値する選手なのか」と常に自問自答を繰り返していたという。

「東レに入団したとき、中学、高校の部活動と同じく、バレーボールは3年、長くても5年でやめようと思っていました。しかも、毎日、監督からはボロクソに怒られ続ける。そんななか『監督はリオ(迫田の愛称)だから厳しく言うんだよ。怒られているうちが華だから頑張れ』と常に先輩たちに励まされてきた。その言葉があったから、バレーボールを続けてこられました」

 その後、迫田は全日本に招集。2年後の2012年、ロンドンオリンピックでは28年ぶりのメダル獲得にも貢献することとなる。ロンドン五輪が終わったとき、迫田はふと、東レのスカウト担当に言われた言葉を思い出したという。

「『北京は無理だけど、ロンドンオリンピックはいけると思うよ』。高校時代、私に声をかけてくださった人がそう言っていたんです。当時の私は『この人、何を言っているんだろう』と思っていたけど、それが現実になった。ああ、私は東レにきて本当に良かったなと思いました」

【連載第1回】春高バレーがどんな大会かも分からず… 元日本代表・迫田さおり、異端のバレー人生
【連載第2回】目は毎日腫れ、体はガリガリ 迫田さおりが今明かす、SOSを出せなかった“あの時”
【連載最終回】「私はアスリート失格だった」― それでも、元日本代表・迫田さおりが輝けた理由(長島恭子 / Kyoko Nagashima)

長島恭子
編集・ライター。サッカー専門誌、フリーランスを経て編集ユニット、Lush!を設立。インタビューや健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌、WEBなどで編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(共に中野ジェームズ修一著、サンマーク出版)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、サンマーク出版)、『肩こりには脇もみが効く』(藤本靖著、マガシンハウス)、『カチコチ体が10秒でみるみるやわらかくなるストレッチ』(永井峻著、高橋書店)など。