職場の飲み会のカラオケって、何を歌えばいいのか悩みますよね。上司や同僚、自分の部下がいる手前、ある程度、空気を読んだふるまいを求められるでしょう。なかなか窮屈ですよね。そんな中に気になる彼がいたら、あなたならどうアプローチしますか?
悪目立ちせず、彼への印象をよくするためには何をしたらよいのでしょう。今日はアラサー男子のみなさまに、カラオケでドキッとする女性の行動について聞いてまいりました。さっそく実践あるのみ!

カラオケで彼をドキッとさせるポイント

1: ニコニコと自分の歌を聞いてくれる

「俺が歌うのを楽しそうに聞いてくれる子がいたら、『もしかして』と期待してしまうかも。歌選びに夢中になっている子よりはだんぜん好印象です」(広告代理/34才/男性)

▽ タンバリンを駆使することができなくとも、口ずさんだり、手拍子をしたりするだけでも存在はアピールできますよ! 歌っていると、自分の歌をきいてくれているかどうか気になるのは誰でも同じこと。「歌ったあとに『上手だね』とほめてくれるとさらに◎」との声もありました。

2: 失恋ソングよりも、楽しい恋の歌を歌う

「失恋ソングで、恋の相手への恨み節みたいな歌を歌っている子は、『この子と付き合うと大変そう』って思ってしまう。恋って楽しいし最高! みたいな歌を歌っている子のほうがイイなって思います」(役者/32才/男性)

▽ たとえ自分の好きなアーティストの曲だとしても、彼への印象を考えるなら、明るめの曲をチョイスした方がよさそうですね。カラオケは歌詞がダイレクトに見えるので、そこを利用して自分へのプラスポイントをゲットしてみてはいかがでしょうか?

3: 曲のあいまに歌の感想を話しかけてくれる

「今つきあっている彼女は職場恋愛で、カラオケに行ったこともあります。付き合ってない頃は、よくふたりで曲の感想とか流れる映像の話で盛り上がっていました。ひそひそ話をする感じがたまらなくドキドキした!」(販売/26才/男性)

▽ ああ、そっと耳打ちをする感じですね! ぐっと距離が近くなる気がしますよね。さわがしいところでのみできる大胆行動! 耳打ちは、少なくとも嫌いなひとにはしませんから、少なからず好意を持っているという意思表示にもピッタリです。
他にも、「声フェチなので、ささやかれるとグラっときてしまう」という方も……! 勇気を出してやってみる価値はありそうですよ!

4: 「この曲いっしょに歌えますか?」って誘ってくれる

「社内で可愛い子がいるんですけど、その子がカラオケで『この曲が好きなんですけど、男性パートを歌ってくれませんか?』って誘ってくれたんですよね。平然とふるまうように頑張ったけど、内心バクバク。デュエットって、やっぱり夢でしょ!」(事務/25才/男性)

▽ なんて罪作りな小悪魔さんなのでしょう! でも、ひとつの歌を一緒に歌うことで確実に彼の印象に残りますし、ハモって声質の相性がよかったら、彼のほうから次の曲のお誘いも望めるかも!?

最大のポイントはあまり目立たないように気を配ること!

いかがでしたでしょうか? カラオケではみんなのテンションもあがっていますし、ちょっと大胆になっても会社のなかよりは目にとまりにくいでしょう。
けれど、あまり目立ちすぎると、すぐに社内の噂のヒロインになってしまう……なんてキケンもありますのでご注意くださいね。あくまで自然に、さりげなく彼にアプローチしてみてください。応援しています!