ソルジ(所属事務所提供)=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国ガールズグループEXID(イーエックスアイディー)の所属事務所は4日、甲状腺機能亢進症で活動を休止しているメンバーのソルジについて、甲状腺ホルモンの数値は正常に戻ったものの、眼球突出の症状があるため8日に眼窩(がんか)減圧術を受けると明らかにした。手術後、回復には1〜2カ月かかるとし、経過を見ながら活動再開を検討すると伝えた。

 ソルジは2016年末に甲状腺機能亢進症と診断され、療養のため活動を休止した。症状が改善し、昨年11月リリースのEXIDニューアルバムのレコーディングに参加したが、活動には加わらなかった。