中国メディア・今日頭条は2日、「どうして日本に旅行する人がますます多くなっているのか」とする記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 中国メディア・今日頭条は2日、「どうして日本に旅行する人がますます多くなっているのか」とする記事を掲載した。

 記事は、「中国人観光客に人気の海外旅行先はタイ、日本、韓国だった。しかし、韓国は高高度防衛ミサイル(THAAD)の影響により、2016年下半期より中国人観光客の数が激減。より多くの人が日本旅行にシフトした。日中両国間には領土問題があるが、それでも16年にはのべ637万人の中国人観光客が日本を訪れた」としている。

 そのうえで、「日本旅行をする中国人の大多数は東京、大阪、北海道などの都市で遊ぶことを好み、歌舞伎町や浅草寺、秋葉原、心斎橋などは必須の訪問場所となっている。また、中国人観光客は日本の美しい景色を楽しむと同時に、ショッピングという目的も持っているのだ」と説明した。

 そして、「一部の中国人観光客は初めての訪日で現地の美しい環境に感じ入る。特にトイレではチリひとつ落ちていないこと、スマート便座が備え付けられていることに対して賞賛を繰り返す。彼らが日本で高性能の便座を体験し、それが評判としてどんどん伝わっていき、最終的には中国人観光客がこぞって便座を買って帰る現象が起きたのだ。電子炊飯器の購入ブームも同じだ」と伝えている。

 記事はさらに、日本人の礼儀正しさや素養の高さも中国人観光客の足を日本に向けていると指摘。「異国の風景を楽しめ、自分の好きな商品を買えるうえ、然るべきリスペクトも受けられる。こういったことが、多くの人が日本旅行を愛する理由なのだろう」とした。

 記事を読んだ中国のネットユーザーから寄せられたコメントでは「中国国内にニセモノがあまりにも多いからだ」、「日本に行く人を罵る人はみんな、日本に行ったことがない」、「日本製品の品質は素晴らしい」、「相手が誰であろうと、良いもの、進んだものは学ぶべきなのだ」といった内容が多くの賛同を集めている。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)