By stefania ballerini

Amazonが「姿見」タイプのバーチャル試着ミラーの特許を取得しました。このバーチャル試着ミラーを使えば、試着することなく衣服を「着る」ことだけでなく、試着シーンを再現してコーディネートすることさえ可能です。

Patent #: US009858719 - United States Patent

http://pdfpiw.uspto.gov/.piw?Docid=09858719

Amazon patents mirror that puts you in virtual clothes and virtual locales - GeekWire

https://www.geekwire.com/2018/amazon-patents-blended-reality-mirror-shows-wearing-virtual-clothes-virtual-locales/

Amazonが特許取得した「バーチャル試着ミラー」の模式図は以下の通り。特許公報の情報によると、ミラーは光を反射・透過できる特殊なもので、ディスプレイ・カメラ・プロジェクタを合わせて画像を生成するとのこと。ユーザーの顔や目を認識してモデルを作り、ディスプレイ上に表示するバーチャル空間のシチュエーション(場面)設定に合わせて配置可能。例えば、パーティ会場でドレスを試着したり、オフィスでスーツを試着したり、南国のビーチで水着を試着したりといったことが可能になるというわけです。バーチャル試着ミラーで再現されるのは3Dモデルなので、360度ぐるっと一周してデザインをチェックすることができます。



もちろん、特許を取得したアイデアがすべて製品化されるわけではありませんが、Amazonは近年、ファッション分野に注力していることが知られ、すでにAlexa&カメラを搭載しファッションチェックが可能なスピーカー「Amazon Echo Look」を発表しています。

あらゆる市場を制圧するAmazonはファッション市場をも攻略できるのか? - GIGAZINE



360度全方向で3Dスキャンできるカメラ付き「Amazon Echo Look」登場、機械学習でどっちの服が似合っているかAlexaがアドバイス - GIGAZINE



さらに、Amazonは2017年10月に3Dの試着モデリング用ソフトウェアを開発するBody Labsを買収しており、「バーチャル試着ミラー」の実現に向けて着々と準備を進めている可能性は高そうです。

・おまけ

デジタル技術を用いて実際に服を着ることなく好きな洋服を試着する、という発想はこれまでにも存在したもので、グランフロント大阪内ではリアルタイムに映った自分の映像で好きな服を試着できるデジタルスペースがありました。

リアルタイムに映った自分の映像で好きな服を試着できるデジタルスペース - GIGAZINE