瀧本美織、大地真央から男装姿を絶讃「宝塚に入ればよかったのに!」

写真拡大

大地真央と瀧本美織が、1月8日(月)からスタートする昼の帯ドラマ『越路吹雪物語』(テレビ朝日系、毎週月〜金、12:30〜※BS朝日<再放送>毎週月〜金、7:40〜)を記念し、元麻布・善福寺の“越路吹雪の記念碑”を参拝した。この作品で大地は、越路吹雪の絶頂期、瀧本は、青年期を演じる。

第1弾『やすらぎの郷』に続き、現在は、『トットちゃん!』が好評を博している“帯ドラマ劇場”。続く第3弾では、圧倒的な歌唱力と表現力で日本中を魅了した戦後の大スター・越路吹雪の一代記が放送される。

越路吹雪、本名・河野美保子、愛称“コーちゃん”は、子どもの頃から歌が好き。少女時代は勉強はキライでおてんばだが、とても純粋な女の子だった。そんなコーちゃんは、父に勧められて宝塚音楽歌劇学校を受験。見事合格したものの、踊りもできないコーちゃんは、落第寸前の“落ちこぼれ”に……。しかし、天性の歌唱力と明るい性格で先輩スターや同期に支えられ、男役トップスターへの階段を駆け上って行く。退団後は歌手、女優として活動。日本を代表する作詞家・岩谷時子とタッグを組んで、「愛の讃歌」などシャンソンを多くカバーしたことから、“日本シャンソン界の女王”とよばれ、まさに日本の音楽シーンの歴史を変えた、稀代の歌手となった。

そんな越路を今回演じることになった大地と瀧本。特に宝塚出身で、月組男役トップスターとして一時代を築いた大地にとってみれば尊敬する“大上級生”。偉大な先輩の記念碑を前に、「本当に尊敬する大先輩。大上級生と宝塚では言うのですが、“少しでも長所も短所も含めて、越路さんの人間味溢れる『美保子さん』を演じられますように”という気持ちでお話させていただきました」と報告。一方の瀧本は、「“足元にも及びませんが、今、周りのスタッフの方たちや、宝塚出身のキャストのみなさんだったり、本当に沢山の方に支えられて、みんな楽しく撮影させていただいています。どうか暖かく、お見守りください”と、越路さんにお伝えさせていただきました」と語っていた。

大地と瀧本は、今回が初対面。大地に対し、「お綺麗過ぎて吸い込まれるかと思いました(笑)」と恐縮している様子の瀧本だが、大地からは、瀧本の男装姿を見たようで、「本当にピッタリで、宝塚に入ればよかったのに(笑)と思うくらいカッコ良くって華がありました」と絶讃だった。

最後に瀧本は、「越路さんを知っている世代の方は、時代を彩った名曲が沢山でてきて、懐かしと感じていただけると思いますし、越路さんを知らない世代の方も、戦後にこんなに芸に生きた大スターがいたと知っていただくのもとても面白いと思いますので、新年から始まるにふさわしい作品になっていると思いますので、楽しみにしててください」。大地も「瀧本さんがタカラジェンヌになるのも見どころだと思いますし、越路吹雪さんという大上級生の、大スターである、それでいてとても女らしい部分、か弱い部分もありながら、私たち宝塚としてとしても誇れる大先輩の人生をみなさまに楽しんでいただけたらと思います」とメッセージを送っていた。