画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●注目される日本産ワイン

若者のビール離れが叫ばれている。ビールだけでなく発泡酒も減少傾向だ。そんななか、ジワジワと人気を伸ばしているのがワインだ。

ワインは1998年頃に、ポリフェノールがフックとなり、第6次ワインブームを迎えた。その後、景気低迷で消費量を落としたが、2010年頃から少しずつ復活。2012年から消費量最大を更新し続けている。2016年は伸びが鈍化したが、それでも右肩上がりだったと報告されている。

では、2017年はどうだったのか。横ばい、もしくは若干の伸びではないかと、ワイン関係者は話す。統計がまだ出ていないので詳細はわからないが、着実に日本人に馴染んできているといえよう。だが、フランスやイタリアといったワインの本場の国と比べると、まだ日本のワイン消費量は少ない。ただ、それだけに、飽和してしまっているビールに比べれば、伸びしろが十分にあるといえる。

○市場を牽引するチリ産ワイン

そんなワイン業界の2017年を振り返ってみると、やはりチリ産ワインの勢いが強い。2007年にEPA(経済連携協定)をチリと締結したことにより関税が削減され、安価に入手できるのが支持されている原因だろう。2015年にはオーストラリアともEPAを締結した。オーストラリアもワイン原産国なので、人気が高まってくるとにらんでいる。

こうしたなか、にわかに注目され始めているのが日本産ワインだ。とくに日本固有のブドウ種、「甲州」を使用した白ワインは、完全に市民権を得たといってよい。やはり日本固有の黒ブドウ(赤ワインの原料)である「マスカット・ベーリーA」の名前も知られるようになった。ちなみにマスカット・ベーリーAは、「日本ワインの父」と呼ばれる川上善兵衛により誕生した。

日本のブドウ種、甲州

山梨県にある「岩の原葡萄園」が倒産危機に陥った際、川上のブドウ栽培技術を見込んだ鳥井信治郎が出資。鳥井は寿屋を創業した人物で、この会社は成長し現在、サントリーとなり、ぶどう園は同社の日本ワイン製造の拠点「登美の丘」と呼ばれている。

余談が長くなったが、2016〜2017年にはワイン業界に動きがあった。そのなかで目立つのが、日本のワインの雄、キリンの動きだ。同社傘下のメルシャンは、長野県塩尻市片丘地区に約7ヘクタールのブドウ農園を拓くとした。ブドウの収穫には3〜5年、場合によっては10年近くかかるかもしれないが、生産力アップの投資といえるだろう。

なお、同社のぶどう農園は、秋田県や福島県、そしてワイン生産が盛んな山梨県にあるが、長野県の農園開発に力を入れている感がある。長野県には片丘以外にも、桔梗ヶ原や椀子(まりこ)といった農園があり、そこで収穫されたブドウを使って醸造したワインに、各農園の地名を冠している。

さらに、ブドウ栽培だけではない。ワインを醸造するワイナリーの新設もリリースした。前出の桔梗ヶ原と椀子地区だ。これまで、日本産ワイン醸造のおもな拠点は、山梨県甲州市にあるシャトー・メルシャンだった。それが一気に2カ所も新設されることになる。

同社が、ブドウ農園やワイナリーに対して、これだけ投資を進めるのは、やはり日本産ワイン人気の向上を見越しているからだろう。

●コンビニも注目するワイン

一方で、安価な輸入ワインも好調だと聞く。2017年に投入された「ワールドセレクション」は、年間の目標を10カ月で到達したという。

サントリーが仕掛けたワールドプレミアム

もう一方のワインの雄、サントリーもワイン市場で仕掛けてきた。しかも戦略がなかなかユニークだ。フランス・ボルドー、イタリア・キャンティ、オーストラリア・シラーズ/ヴィオニエ、チリ・カルメネール、ドイツ・リースリング、日本・甲州といった、世界のワイン産地の製品を「ワールドプレミアム」というシリーズで販売開始した。サントリーの担当者がいうには、6カ国ものワインをひとつのシリーズで統一するのは初めてではないかという。

そしてもうひとつ、このワールドプレミアムには特筆すべきことがある。それは、サントリーとセブン-イレブンとの共同開発で誕生したということ。酒類のメーカーであるサントリーはわかる。だが、コンビニ大手のセブンがワインの開発に携わるのは、異例といえるだろう。

○少し高めの価格で勝負

いいかえると、コンビニ大手もワイン人気にひかれたということだ。しかも、セブンが関わったワインということは、積極的に店舗のワインコーナーで売られることになる。ほかの酒類メーカーにとっては驚異といえるだろう。価格は1,380〜1,780円と、売れ筋のワンコインワインに比べれば少々高めだが、安価なワインに満足できなくなった層には、リーチしやすい価格だ。

輸入ワインも好調らしい。ただ、輸入ワインを牽引した、ボージョレ・ヌーボーは、全盛期の半分ぐらいの消費量になっているらしい。ただ、こうも考えられる。フレッシュな新酒ではなく、タンニンを味わえる熟成させたワインに嗜好が移っているのではないかと。

いずれにせよ、ワイン人気は今後も続くだろう。2018年も、さまざまな動きがワイン業界で起こるにちがいない。