ガブリエウ・ジェズス負傷によりシティがサンチェスに急接近!?

写真拡大

▽マンチェスター・シティが、アーセナルのチリ代表FWアレクシス・サンチェス(29)の獲得を急ぎ始めたようだ。スペイン『マルカ』が報じている。

▽昨夏にもサンチェス獲得に動いていたシティだったが、6000万ポンド(約91億3200万円)の移籍金で成立が間近に迫っていながらも、アーセナルがサンチェスの代役を確保できずに移籍は実現しなかったと言われている。

▽その後もシティはサンチェスの獲得に興味を持っており、これまで交渉が続けられていると言われてきた。そんな中、12月31日に行われたプレミアリーグ第21節のクリスタル・パレス戦の立ち上がりに左ヒザを負傷。その後の検査結果により、内側側副じん帯の損傷と診断され離脱を余儀なくされた。

▽『マルカ』によると、ガブリエウ・ジェズスが長期離脱する可能性もあるため、シティは以前から交渉してきたサンチェスの獲得を急ぐことを決めた模様。さらに、アーセナル側もサンチェスを残したい考えは変わらないが、現実的に考え、移籍金が得られる今冬に売却することを考え出したという。