井上尚弥【写真:Getty Images】

写真拡大

衝撃の米デビュー飾った「Superfly」第2弾参戦ならず

 ボクシングのWBO世界スーパーフライ級王者の井上尚弥(大橋)は昨年12月30日、同級6位のヨアン・ボワイヨ(フランス)に3回TKO勝ちを収め、7度目の防衛を果たした。ボワイヨ戦を最後にバンタム級転向の意向を明言。当初は2月に米国で行われるスーパーフライ級の猛者を集めた「Superfly2」参戦を希望していたが、大物プロモーターは今回の米上陸が消滅したと明らかにした。米ボクシング専門メディア「ボクシングシーン.com」が報じている。

 井上は昨年9月、カリフォルニア州スタブハブ・センターで衝撃の米デビューを果たした。スーパーフライ級の実力者が一堂に会した大イベント「Superfly」で、同級7位のアントニオ・ニエベス(米国)に6回TKO勝ち。記事では「米国デビューで彼はアントニオ・ニエべスを6ラウンドで沈め、目撃者に感銘を与えた」と振り返っている。

 鮮烈なインパクトを残した「モンスター」は、2月24日に予定される「Superfly」第2弾の参戦は目玉の一つと期待されていた。イベントをプロモートしているトム・ロフラー氏も招聘に尽力していたが、ついに白旗を掲げるに至った。

「自分の把握しているところでは、彼は最後の戦いの後には118(バンタム級)に昇級することになると言っていた。つまり、彼はSuperflyのショーには参戦しないということだ」

 記事によると「360プロモーション」の総帥ロフラー氏はこう語ったという。井上は「Superfly2」での統一戦をかねてから希望していたが、かなわなかった。ロフラー氏は「カリド・ヤファイとの統一戦についてエディ・ハーンと会談したが、話はそこまで進まなかった。アンカハスはトップランク社と仕事する方向に進んでしまった」と語ったという。

ヤファイ、アンカハスらと待望していた統一戦ならず

 WBA世界王者のカリド・ヤファイ(英国)のプロモーターのハーン氏との統一戦の交渉は不調に終わり、IBF世界王者の「プリティボーイ」こと、ジェルウィン・アンカハス(フィリピン)は米テレビ局ESPNと独占契約を結んだトップランク社と契約を結び、HBOがテレビ中継を行う「Superfly」に参加することはない。

「このショーでイノウエが統一戦を行う選択肢は存在しないんだ」とロフラー氏は話したという。「Superfly」はトリプルヘッダーを見込んでいる。WBC世界王者シーサケット・ソールンビサイ(タイ)―フアン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)のタイトル戦が現時点で最大の目玉。統一戦を実現できなかったモンスターの招聘失敗で新たなマッチメークの必要が生まれている。

「Superflyのコンセプトはここまで厳格でなければいけないのか。115ポンド(スーパーフライ級)のみが参加するのか?」という質問に対し、ロフラー氏は「テレビ向けの戦いとして、HBOはスーパーフライ級に限定したいと希望している。だが、将来的には柔軟性も生まれてくるかもしれない」と予想したことを紹介している。

 バンタム級に転向する井上。本場アメリカの目の肥えたボクシングファンも待望する「Monster」の2度目の米上陸は、お預けになりそうだ。(THE ANSWER編集部)