SKE48の4週連続企画。第2回は古畑奈和が登場!/撮影=石塚雅人

写真拡大

2018年10月にデビュー10周年を迎えるSKE48。1月10日(水)には22枚目のシングル「無意識の色」をリリースする。

【写真を見る】古畑が他のSKE48メンバーにばらされたこととは?/撮影=石塚雅人

「週刊ザテレビジョンPLUS」では、10周年イヤー突入&「無意識の色」リリース記念企画として、12月21日配信号から4週にわたってSKE48メンバーが登場。WEBサイト「ザテレビジョン」では、そのインタビューの完全版を公開する。

2週目となる今回はチームKIIの5期生・古畑奈和。「無意識の色」やSKE48の10周年イヤーのことに加え、意外な(?)一面も明らかに。

■ 「深い楽曲を10周年イヤーのスタートにいただけてよかった」

――新曲「無意識の色」に古畑さんがどんなイメージを持っているか教えてもらえますか?

聞く人によって違う捉え方ができる曲だと思います。これまでは恋人同士の関係を描いた曲が多かったんですけど、今回は自分とファンの方だったり、メンバーだったり、いろいろな関係に置き換えて考えることができるんです。そういう深い楽曲を10周年イヤーのスタートにいただけてよかったなって思います。

――MVの撮影は、これまでのシングル曲の衣装を着て行ったということですが、古畑さんが着た衣装は?

私は「12月のカンガルー」「金の愛、銀の愛」「オキドキ」です。

――「オキドキ」は古畑さんのSKE48加入と同時期に発売されたシングルですが、その衣装を着てMVを撮影した感想は?

当時はまだ“見ている側”という気持ちだったので、自分がその衣装を着て選抜メンバーとしてMVを撮影しているというのは、不思議な感覚がしましたね。

■ 「電車や街をSKE48のポスターでジャックしてみたい!」

――今回の衣装にはこれまでのシングル曲をモチーフにしたワッペンが付けられていて、胸元の3つのワッペンは各メンバーが自分で選んだということですが、古畑さんは何を選んだんですか?

「美しい稲妻」「金の愛、銀の愛」「チキンLINE」にしました。「美しい稲妻」は初選抜の曲ということで思い入れがありますし、「金の愛、銀の愛」は、この曲で表現力を褒めていただけることが多かったのでうれしくて。

「チキンLINE」は、コンサートでセンターを任せていただくことが多い曲で、自分が好きな曲や得意な曲で前に立たせていただけるのはありがたいなって思いますし、「私もまだセンターに立って踊っていいんだな」って思えたのがすごくうれしかったので選びました。あと、3つのワッペンを黒で統一していて、それも私らしいかなって思います(笑)。

――2018年はSKE48の10周年イヤーですが、やりたいことは?

ナゴヤドームでコンサートをやることが、みんなの目標になっています。「ナゴヤドームに立ちたいです」ってよく口にもしていますし、ファンの皆さんも一緒にナゴヤドームを目指してくれているので、みんなでこの夢を実現できたらすごく幸せだなって思います。

あとは、駅とか、電車とか、街とか、SKE48のポスターでジャックしてみたいです! 栄のみならず、愛知県や東海3県、できたら東京の電車とかでも。よくばりですけど、やってみたいなって思います。

――2014年にSKE48はナゴヤドームでコンサートをしていて、その舞台に古畑さんは立っていたわけですが、当時を振り返ってみていかがですか?

初日の1曲目、1期生の方たちが「神々の領域」を歌いながら登場したときに、サックスを吹かせていただいたんです。その表情を近くで見ることができたんですが、泣いている姿にグッときました。先輩たちにしか分からない気持ちもあったと思うんですけど、その中でサックスの演奏をさせていただいたのは、すごく誇らしく思える瞬間でしたね。

■ 「友達に『お酒をお水のように飲むね』って言われました(笑)」

――話は変わりますが、以前、SKE48メンバーが出演していた「AKB48のオールナイトニッポン」(11月29日放送回)で、他のメンバーが古畑さんはお酒が強いと言っていたのですが…?

そう、ばらされちゃって!(笑)。何を基準に“強い”って言うのかは分からないですし、酒豪って呼ばれる方からしたら大したことないと思うんですけど。多分、私が強いと思われたのは酔わないのと、顔色や態度が変わらないからですかね。この前も友達とお酒を飲む機会があったんですけど、「奈和ちゃんはお酒をお水のように飲むね」って言われました(笑)。

――それは“強い”人に言う言葉かと(笑)。

そうなんですか?(笑)。でも、こうやってメンバーが、スタッフさんも知らないようなことを知っていてくれるというのが、私はすごくうれしいです。他のメンバーの口から、私のことがファンの方に届くっていうのはうれしいなって思いますね。

――あと、Instagramに握手会の私服を載せたりしていますが、古畑さんの洋服へのこだわりは?

客観的に見ているというか、私が「女の子にこういう服を着ていてほしい」っていう服を選んでいるんです。要するに、その服には私の好きな“萌えポイント”が詰まっているんです。例えば、私はニーハイが好きだったり、袖が長いパーカーが好きだったりするので、そういう服を選んでいます。だから、ファンの方も共感しながら見てくれているんじゃないかなって思います。(ザテレビジョン)