上野動物園は、園内のパンダがより伸び伸びと活動し、繁殖能力を高めることができるよう、今年から新しいパンダ舎の建設に着手する計画で、竣工は2020年の見込みとなっている。写真は上野動物園。

写真拡大

東京の上野動物園で昨年6月に誕生したパンダの赤ちゃん「シャンシャン(香香)」人気で、同園は連日大勢の来園客が押しよせ、にぎわっている。上野動物園は、園内のパンダがより伸び伸びと活動し、繁殖能力を高めることができるよう、今年から新しいパンダ舎の建設に着手する計画で、竣工は2020年の見込みとなっている。中国新聞社が伝えた。

新しいジャイアントパンダ舎は、現在パンダ舎がある東園ではなく、不忍池に近い西園に建設される。また、四川省の景観をイメージした「パンダのふるさとエリア」が、新パンダ舎の新たな目玉になるという。

上野動物園では現在、3頭のパンダが飼育されているが、3頭が十分に活動できるスペースが確保されていないのが現状だ。新パンダ舎の面積は約2000平方メートル、今のパンダ舎の1.7倍の広さとなる。また、繁殖能力アップを目指しパンダの足腰を鍛えるために、頻繁によじ登ることができるよう高低差がつけられる。

新パンダ舎は、東京五輪開催を控えた2020年春に竣工する予定。東京都の関係者は、「新パンダ舎の完成によって、パンダが活発に活動できる環境が整えられる。シャンシャンに次ぐ赤ちゃんパンダの誕生を期待している」とコメントした。

日本が中国から借り受けている雌パンダ「真真(シンシン)」が昨年6月に赤ちゃんを出産、赤ちゃんの名前は公募により「シャンシャン」と名付けられた。生後6カ月が過ぎた昨年12月19日に一般公開が始まり、上野動物園で赤ちゃんパンダが誕生したのは実に29年ぶりとなった。シャンシャンを一目見ようと日本全国各地から人々が上野動物園に押し寄せ、来場客が激増。混乱を避けるため、動物園側は当面の間、パンダの公開時間を1日2時間半に限定し、抽選によって幸運にも選ばれた2000人だけがシャンシャンを見ることができる。新年に際し、園側はより多くの来園客を迎えようとさまざまなパンダ関連イベントを園内で催している。

また、現在のパンダ舎が動物園入り口に近く、混雑を引き起こしやすい点も考慮し、新パンダ舎は、パンダを観に来る大勢の来園客による混乱が生じにくい場所に建設されることになっている。(提供/人民網日本語版・編集/KM)