越路吹雪を演じる瀧本美織(右)、大地真央(左)/(C)テレビ朝日

写真拡大

1月8日(月)よりスタートする帯ドラマ劇場第3弾「越路吹雪物語」(毎週月〜金昼0:30-0:50ほか、テレビ朝日系ほか)で、瀧本美織と大地真央が越路吹雪の記念碑を参拝し、熱い思いを明かした。

【写真を見る】瀧本と大地は、越路吹雪の記念碑参拝で熱演を誓う!/(C)テレビ朝日

同ドラマは、圧倒的な歌唱力と表現力で日本中を魅了した戦後の大スター・越路吹雪の一代記。越路が「落ちこぼれ」と言われた宝塚時代から、希代の作詞家・岩谷時子との濃密な友情をつづっていく。

元麻布の善福寺にある記念碑には、代表曲「愛の讃歌」と「ラストダンスは私に」の歌碑も設置されており、大地は真紅のバラの花束、瀧本はブランデーとタバコ…と、それぞれ越路がこよなく愛したものをそなえて手を合わせた。

その後、囲み取材に応じた大地は「越路吹雪さんは尊敬する“大上級生”。長所も短所も含めた越路吹雪さんの魅力を表現できるよう、そして人間味あふれる河野美保子さん(=越路の本名)を演じられますようにという気持ちでお参りさせていただきました」と感慨深げに参拝の心境を告白。

瀧本も「今、たくさんの方に支えられて楽しく撮影していますので、どうか温かくお見守りください、と越路さんにお伝えしました」と天国の大スターに熱演を誓った。

また、大地は瀧本について「瀧本さんの男装の写真を拝見したのですが、『宝塚に入ればよかったのに!』と思ったぐらい格好良くて華があって…。越路さん役にはピッタリだと思いました」と絶賛。瀧本も「大地さんはおきれいすぎて、吸い込まれてしまうかと思いました」と明かした。

そんな中、宝塚時代、男役トップスターとして活躍した大地に、瀧本は「大地さんは宝塚時代、普段から足を開いたり、男っぽい歩き方を心がけていましたか? 私は最近、パンツスタイルだと勝手に足が開いていることが多く、自分でも衝撃を受けたので…(笑)」と質問を直撃。

大地は「あえてそうしようとは思っていなかったのですが、気がついたらそうなっていましたね! 映画を見てもミュージカルを見ても、自然と男優さんを追っている自分がいて、男の人のちょっとしたしぐさにばかり目がいっていました」と男役スター時代を振り返る。

最後に大地は「越路吹雪さんという“選ばれたスター”の人生を皆さんに楽しんでいただけたら」とアピール。瀧本は「越路さんを知らない世代の方にも戦後の日本にこんなにも芸に生きた女性が存在したことを知っていただければ 」と呼びかけた。(ザテレビジョン)