「DOCTORS〜最強の名医〜新春スペシャル」が1月4日(木)に放送/(C)テレビ朝日

写真拡大

「変わらないこと」は悪いことなのだろうか? 「君はいつまでたっても進歩しないね…」「あんた全然変わらへんなあ」などと、変わらないということに関して若干否定的に捉えられがちな風潮にあるのだが、変わらないからこその安心感もあると思う。

【写真を見る】卓ちゃん(高嶋政伸)&卓ちゃんママ(松坂慶子)と相良(沢村一樹)のやりとりは抱腹絶倒必至!/(C)テレビ朝日

例えば1年ぶりに実家に帰り、何も変わらない街並みを見てホッとするとか、大みそかに聴く石川さゆりの歌とか、お正月の青山学院大学とか、男女入れ替わりものの映画とか、変える必要のないものは無理に変えなくてもいいのだ。

なぜいきなりそんな話をしているのかというと、これまで連ドラでパート3、スペシャルで2本放送され、しかもほぼ不動のメンバーによって展開してきたあのドラマが復活するから!

各局で放送されているドラマやバラエティー、アニメなどを事前に完成DVDを見て、独断と偏見とジョークに満ちたレビューで番組の魅力を紹介する、WEBサイト・ザテレビジョン流「試写室」。

今回は、“変わらない主要キャスト”で不変の面白さを誇る、1月4日(木)放送の「DOCTORS〜最強の名医〜新春スペシャル」(テレビ朝日系)を取り上げる。

同ドラマは、普段は患者に笑顔で優しく接するが、自分が信じる医療のためなら目的・手段を選ばない非情な一面も持ち合わせているスゴ腕外科医・相良浩介(沢村一樹)と、高嶋政伸演じる“腕は確かだが人間性にやや問題アリ”な外科医・森山卓が対立しながらも、患者を救う医療のために尽力していく物語。

いよいよ松坂慶子演じる卓ちゃんのママが姿を現し、松坂と高嶋が繰り広げる「ママと卓ちゃんの日常」も展開される。また、今作は野際陽子さんが亡くなってから初めてとなる「DOCTORS」。スタッフもキャストも意気込み十分で、「このドラマが続く限り、作品の中では野際さんが生き続けている」と心を一つにしているという。

間もなく創立100周年を迎える堂上総合病院。長きにわたり院長を務めた堂上たまき(野際さん)は再び現役の医師として患者を看るため、幸せの国・ブータンに診療所の開業を決意する。その跡を継ぎ、森山卓(高嶋)が院長に就任していた。

診療所開業の手伝いでブータンに行っていた相良浩介(沢村)が帰国すると、堂上総合病院は森山“新”院長と、彼が連れてきたうさん臭い経営コンサルタント・猿渡圭介(手塚とおる)の手により、大混乱に陥っていた。

関東病院長会の会合で伴財日出彦(石橋蓮司)ら他病院の院長からバカにされ、何とか見返してやろうと躍起になる森山は、スタッフたちの声にも耳を貸さず、おかしな方向へと暴走しようとしていた…。

その頃、堂上総合病院に折原克也(粟島瑞丸)・聡美(安藤聡海)夫妻とその娘・美都(鈴木梨央)が、相良を訪ねてやってくる。先天性胆道閉鎖症を患う美都は、生体肝移植手術を必要としており、その手術を相良に頼みたいという。

帝楼会病院からの転院による手術ということもあり、院長の森山の了承を得ようとしたところ、帝楼会病院院長が伴財であるという理由からその手術を断るよう命じられる。その一件が猿渡の入れ知恵だと知った相良は、ある策を巡らし…。

時を同じくして森山の母・日美子(松坂)が腹痛を訴え、堂上総合病院に搬送されてくる。日美子の主治医になった森山だったが、病院スタッフが見ている前で自身のマザコンぶりがたびたび露呈してしまい、慌てる。

そんな中、森山に“ライブオペ”を披露する機会が到来。腹腔鏡オペのスペシャリストとして名高い森山の手術を世界に配信すれば、堂上総合病院の評判も上がるのではないかと考えたのだ。

潰瘍性大腸炎に対する“ライブオペ”の当日、準備が着々と進む中、日美子の容態が急変し、緊急手術の必要性が浮上。日美子は「卓ちゃんの手術でなければ受けない」と言い張り、ライブオペを控えた森山は窮地に立たされることに…というストーリーだ。

■ 独断と偏見のレビュー

いやはや新年早々やってくれました福田靖さん! ツッコミどころ満載だけどあえてツッコむことすらも野暮なくらい、細かいせりふの言い回しや微妙な表情の変化まで、面白過ぎる。

最初に気になったポイントは、卓ちゃん(高嶋)のお弁当事件。サイズ感的には小さめな筆者が言うのもあれだが、卓ちゃん小っちゃ過ぎっす…。末席に唐揚げ弁当でキレるって、お子ちゃまか! むしろ唐揚げ弁当の方がいいでしょ? 卓ちゃんは脂っこい店屋物が好きなんだから、って思ったり思わなかったり。

そして、不変の堂上総合病院に現れた“変化”。手塚とおる演じる猿渡なるコンサルタントだ。このいかにもな怪しげな風貌の彼が提案してきたニッチな外来。くしゃみ外来とか、堂上温泉病院とか、誰がどう見てもふざけ過ぎなのに、全部受け入れちゃう卓ちゃん。

ピュアというか、バ…、純粋というか、ば…、素直というか、馬…カット! 自粛。でも、彼はそこがある意味魅力なのかも。基本的に自分の信じる人への思いは全くブレていないし。

そんな卓ちゃんがますます生き生きとしているように見えるのが、今回から登場の松坂演じる卓ちゃんママとのやりとりだ。いやはや驚いた。今までもいましたっけ?ってくらい全く違和感ない! あたかもずっとそこにいたかのような卓ちゃんママの安心感。声のトーンが絶妙だなぁ。

ホント、やんちゃ坊主をたしなめるお母さんという感じがピッタリ過ぎる。うちのママのことを思い出しちゃうぜ。あ、母さんのこと。

あらためて卓ちゃんとたまきおばさん(野際さん)との3人でのシーンも見たかった。

そんなやんちゃ坊主な卓ちゃんを見守ってきた男といえば、事務長だ。これまた悪がきをたしなめる見事な温度感でのツッコミ&フォローが絶妙。あきれ気味だけど怒り過ぎず、怒った後は温かく見守る。卓ちゃんにとってはパパというか、おじいさんのような感じか?

それに卓ちゃんが他人の前で「ママ」って言っちゃった後のばつの悪い表情と、「母さん」と言い直す感じ、相良と対峙(たいじ)しているシーンの表情。「んんんっ」のクオリティー、チーム森山の分かりやすさ、この方々もずっと固定のメンバーというのもあって、息ぴったりだ。やっぱり人間はそんなに簡単には変わらないんだな。

って、ここまで長いこと卓ちゃん劇場について触れてきたが、あくまで主役は相良ですから! そこんとこよろしく。

ブータンから帰国した相良はといえば、相変わらずカリスマ的な処世術を見せてくれる。患者にはいつだって優しく柔和な笑みを浮かべているのに、卓ちゃん相手だともはや猛獣使いのそれ。理不尽な“上司”を相手に自分の意志を押し通すすべは見習うべき点が多々ある。

そして、何より怒らせたらめちゃくちゃ怖い。「本当に腹黒いのは相良」と沢村も先日のインタビューで言っていたが、まさにその通りなのだろうな。すべてが手のひらの上で計算されていそうで、絶対に敵に回したくない人だとあらためて思った。

あとは、佐知(比嘉愛未)のかわい過ぎるダンス?と相良と相対したときの乙女な目、それに対して「いけずぅ〜!」って言いたくなるくらいのあしらい方をする相良との不変の関係性、そろそろイチャイチャする2人を描いてくれてもいいじゃんって思うのだが、その不変の距離感もまたいいのかも。

やはり、変わらないからこそいい!ということはあるのだろう。

その他、今回登場組では“天才子役”というフレーズを軽々しく口にしたくはないから、あえて雑な言葉で褒めると、まじで半端ねえ鈴木梨央の演技力。

眉間のしわだけで気分を表す競技があれば、恐らくU-18日本代表くらいにはなれるだろうし、“怪しげなコンサルタント”なら当て書きでいけそうな手塚、業界のドンを演じさせたら国内で五指に入る石橋…。そんなキャストの相乗効果も相まって、まさにテレビ朝日からのお年玉のようなドラマや!

そう、お正月に変わらないことといえばお年玉もありますね。記事も書いたし、そろそろママにお年玉もらいに行こっ。

…あ、母さんに。(ザテレビジョン・文=人見知りシャイボーイ)