ベトナムの代表的な世界的ブランド、「カイシルク」。民族衣装のアオザイから、スカーフ、ネクタイ、小物まで多彩なデザインで日本人にも大人気だ(筆者撮影)。


 「ジム・トンプソン」と言えば、タイのシルク王と呼ばれた米国人実業家、ジム・トンプソンが作った東南アジアを代表する世界的ブランドととしてあまりにも有名だ。

 東南アジアにはもう1つ、有名な高級シルクブランドがある。「カイシルク」(Khaisilk)。

 こちらはベトナムのシルク王、創業者のべトナム人の実業家、ホアン・カイ氏の名を冠したシルクメーカーで、シルクを素材とした絹製品を扱っており、ベトナム産の高級贈答品や土産物の代名詞として長年、内外で愛されてきた。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

ベトナムのファッション界を牽引する存在

 文字通り、ベトナムを代表するシルクブランドで、ファッション業界を牽引する存在でもあり、多くの人気モデルや歌手といった有名人も顧客に抱えることで知られる。

 世界的な繊維大国で知られるベトナムでは、昔からシルクを国の重要な交易品として扱ってきた。代表的なのは民族衣装のアオザイだが、近年ではデザイン性に富んだスカーフ、ストール、ネクタイ、ジャケットなど多種の絹製品を生産、輸出にも積極的だ。

 中でも、「カイシルク」は、ベトナムで最も上質なシルク製品で知られてきた。

 ハノイやホーチミンに高級ブティックを構えるほか、五つ星ホテルにもテナントで入っており、アマゾンなどのネットショッピングではすぐに完売するなど、日本でも有名人の多くに愛用家がいる。老若男女を問わず、ファン層は多彩だ。

 しかし、その世界的ブランドのカイシルクが、いま存続の危機に見舞われている。

 「シルク0%」――。

 カイシルクは、1989年の創業以来、全商品が「ベトナムの100%高級国産シルク」で生地、生産工程もすべてベトナムと広告、販売してきた。

 ところが12月中旬、ベトナムの商務省が、「同社は全商品いずれも『シルク100%』と公称しているものの、商務省が同社店舗で押収した製品を成分検査した結果、原材料にシルクは一切使用されていなかった」と発表したのだ。

 「偽造品販売」に相当し、同省は警察機関の捜査当局に関連書類を提出したことを明らかにした。偽造品販売は、ベトナムでは最高禁固15年の刑が科せられる。

 東南アジアの世界的ブランドの偽造品事件は、刑事事件に発展する見通しで、現在、カイシルクは営業停止処分(国内ブティック店閉店)を受けており、ブランド存続の危機に直面している。

中国製品をベトナム製と偽り販売

 さらに同省によると、同社は偽造品を販売していただけでなく、船荷証券などともに重要で、売買契約の条件を履行したことを売主が買主に証明する書類のインボイスで違法使用が行われていたことが同省の調査で発覚し、税務関連規定にも違反していることが明らかになった。

 そもそも同事件は、「カイシルク」が中国製品をベトナム製と偽って販売していた問題として発覚。

 10月末、顧客から「偽物を売られた」と、フェイスブックに投稿されたのがきっかけだった。

 共産党支配で、正規メディアが政府の統制を受けているベトナムでは、政府や企業のスキャンダルはフェイスブックで瞬く間に拡散する。昨年は、外資ブランドの飲料製品に基準値をはるかに超える鉛が含まれているとの疑惑がSNSで発覚。

 メーカーは否定したが、メディアに「口止め料」として多額の賄賂を払ったと告発され、結局、商品はリコールされた。

 今回のカイシルクの偽造品事件は、ハノイのシルク通りと言われるハン・ガイ通りのカイシルクのブティック店で、ベトナムのある企業関係者が、取引先への贈答用にシルクスカーフ60枚を購入したことで発覚した。

 そのうちの1枚の商品タグに、2種類(「Khaisilk Made in Vietnam」と「Made in China」)が縫い付けられており、残りの59枚には「Made in China」と同じタグが切り取られた形跡があったという。

 この件について、当初、購入した店の代表者は、当該のスカーフは100%国産シルク製だとした上、タグについては、「香港の顧客からの要望で『Made in China』のタグを付けた商品が誤って混入した」と苦し紛れの弁明をしていた。

 しかし、この2種類のタグが付いている商品の写真が出回り、SNS上で大炎上。ひいては大手メディアのヘッドラインを大きく賑わすことにもなった(参照=http://www.bbc.com/vietnamese/vietnam-41773916)。長年、べトナム人が誇ってきたブランドの大不祥事に、ベトナム国内に激震が走っている。

創業者は“成功者のお手本”とされたが・・・

 しかも、創業者のホアン・カイ会長は、億万長者のベトナムを代表する経営者。

 カイシルクは1989年に創業、シルク製品の生産販売を主力事業としてきたが、現在は、日本人にも人気の高級レストラン「チャームチャーム」、「ナムファン」をはじめ、5つ星ホテル「タージマサゴ」や商業施設「サイゴン・パラゴン」を保有。

 新興財閥のカイシルクグループとして多角経営に乗り出し、成功を収めている。

 カイ会長は経済発展著しいベトナムの“成功者のお手本”として、起業を夢見る若者にもファンが多かった(参照=http://baodautu.vn/chu-tich-khaisilk-len-tap-chi-forbes-va-ban-hang-tau-d71758.html)。

 これまで、メディアでも自身の成功体験を語り、多くのファンを集めてきた。フェイスブック(現在閉鎖)では14万人ほどのフォロワーをもち、ベトナムのセレブリティーの1人で起業イベントではゲストスピーカーとして引っ張りだこだった。

 そんなカイ会長だが、今回の偽装事件が余りにも大きな社会的な反響を呼んだため沈黙を守っていた。しかし、ここにきて偽造の事実を認め、謝罪するに及んだ。

 もともと全商品がベトナム高級シルク生地使用の国産製造としていたが、1990年代から、ベトナムのシルク産業が下降気味になったことで、ベトナム製に引けを取らない製品を中国から仕入れることを余儀なくされたと弁明。

 しかし、それが常套的な手法とも主張。「H&M」や「Zara」などが中国から製品を仕入れて世界中で販売しており、「品質が保証されれば、倫理に適っている」と悪びれた様子は全くない。

 ベトナムを代表する国際的ブランドの大不祥事にべトナム政府は、国の威信をかけ、事件の実態を捜査し始めた。

 チュオン・ホア・ビン副首相兼密輸・不正取引・偽造品防止国家指導委員長が商務省に対し、公安省、財務省、科学技術省などの関連機関とも連携した上で、法的違反行為に関する調査をカイシルクグループのシルク製品事業について実施し、調査結果を首相に報告するよう指導。

 営業停止を受けただけでなく公安も調査に加わったことで、ベトナム人の富の象徴・成功者だった創業者のホアン・カイ会長に裏切られたというベトナム人の思いは日に日に募り、彼への批判が広がっている。

SNS上で炎上、非難の声は鳴りやまず

 「小さなことからコツコツ真面目に努力。お金を儲けたのはこういうからくりだったのか。偽善者!」「海外の友人にベトナムの誇りとして、贈答していたのに、国の恥だ」

 SNS上には、今もカイ会長への非難の声が後を絶たない。

 ベトナムは国を挙げて自国のベトナム製品の使用キャンペーンを実施しているが、国内市場には相変わらず安価な中国製品が溢れ返っている。

 ホーチミンなどでは、中国から輸入されたリンゴ、オレンジ、梨などが売られている。人気の秘密は「売れ残っても長期間腐らないから」(店の店主)。

 ホーチミン市では、植物保護検査所が毎月サンプルを検査しているものの、合成保存料が検出されたと通達はないという。そもそも輸入果物に対する合成保存料の種類も把握していないどころか、汚職も蔓延っているのだ。

 食品でけでなく、インテリア製品、建設資材、衣料品、日用品など、工業製品も中国製が国内市場を席巻している。

 実は、「メイド・イン・ベトナム」製品にはZaraやH&Mの「本物」そっくりで、いや、それ以上にデザインも多様で人気な模倣品もある。

 また、メーカーが承知でブランドのタグをはずして、新しい偽タグを卸し先に付けさせたり、時代遅れになったデザインや不良品を市場に流したりもしている。

 これらの製品は、大規模で近代的なショッピングモールでも見かけることが珍しくない。筆者も、国内ブランドの名前の入ったあるブランド品だが、店主に聞くと、あっさり、「中国製」だと認めた。

 完璧でなくても、「品質が保証されれば、倫理に適っている」(カイシルクのホアン・カイ会長)。

 まさにそういうことのようだ。ベトナム流、いや、レベルはどうあれ、大企業の不祥事が続く日本も、上から目線で傍観できるしろものではなくなってきている、のではないか――。

筆者:末永 恵