French President Emmanuel Macron comforts a relative of victim near the Bataclan concert venue during a ceremony marking the second anniversary of the Paris attacks of November 2015 in which 130 people were killed, in Paris, on November 13, 2017./


 私は経営心理士として企業の経営を数字と心理的側面から分析して経営改善を行うコンサルティングを行っている。経営コンサルティングをしていて、経営がよくなる会社となかなか変わらない会社がある。

 両者の違いの1つが、経営者が自らの感情を克服できるかどうかということである。部下に日頃の感謝を伝えた方がいいと思っていても照れくさくて伝えられない。

 部下を叱らなければいけないと思っていても恐くて叱れない。会社の将来を考えると重要なことだと分かっているが、面倒くさくてずっと後回しになっている。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

照れくさい、面倒くさいが経営の大敵

 こういった照れくさい、恐い、面倒くさいという感情が邪魔をして経営のパフォーマンスを下げている。

 この感情が経営のパフォーマンスをどれだけ下げているか、それはもしこの感情が存在しなかった場合をイメージしていただくとお分かりになるだろう。

 頭ではやった方がいいことは分かっている。でも、感情が邪魔をして実行に移せない。そのような状況にあっては、どんなに良いヒントやアイディアを得たとしても、現状は変わることはない。

 これは経営に限った話ではない。

 本を読んだり、セミナーを受けたり、こういった記事を読んだりして、「これはすごい!」という知識を得たとしても、それをいざ実行に移すとなると、面倒くさい、照れくさい、恐い、といった感情が邪魔をして実行に移せなければ、現状は変わらない。

 この「頭では分かっているが感情が言うことを聞かない」という状態に悩まされて自らの可能性を潰している人がどれだけいるだろうか。

 知性を司る脳の部分と感情を司る脳の部分とは異なる。そのため、こういった葛藤が生まれる。

 私は経営コンサルティングとともに経営心理学の講座を開催している。コンサルティングや講座の中でこの感情を克服するために必要な「感情の解説」をし、ハードルの低い目標から始めて感情を克服した成功体験を積み重ねていただくことで、クライアントや受講生の経営や日常の状況が大きく変わり始めた。

 ある経営者の方は、部下を褒めることの大切さを学んだ際に、確かにその通りだと思ったが、自分はいつも部下を怒ってばかりで褒めた試しがない。そんな自分が今さら部下を褒めるなんて照れくさくてできない。

 そういった状況であったため、部下の仕事ぶりで良い点を見つけたら「悪くない」と言うことを目標にし、照れくさいという感情を克服することに取り組んだ。

 そして、それが言えるようになった後は、報告書がよく書けていたら「よく書けている」と褒め、プレゼンが良かったら「顧客の反応は良かったぞ」と褒める。

 そうやって、照れくさいという感情を克服した事実を成功体験として自分の中で積み上げていかれた。

自己効力感

 その結果、今では抵抗なく部下を褒めることができるようになり、厳しく叱りつつも、褒めるべきところはしっかり褒めることで、部下のモチベーションがずいぶん上がったという。

 自己効力感という言葉がある。

 これは何らかの目標を立て、その目標を達成できる自信のことをいう。

 この自己効力感を高めるための方法として、成功体験を得る 、同じような人間が努力して成功しているのを見る、論理的に励まされる、といったことが挙げられるが、この中で最も効果が高いのが成功体験を得ることだと言われている。

 そのため、成功体験を積み、自己効力感を高めていくことで、より高いハードルの目標もクリアできるようになっていく。

 特に、照れくさいという感情の克服は人生を変えるほどの展開をもたらすことがある。

 この感情の克服で多くの人がハードルが高いと感じるのが、両親に「生んでくれてありがとう」、「育ててくれてありがとう」と伝えることではないだろうか。

 このことはいつか言った方がいいということは分かっていてもなかなか伝えることができないものである。

 ただ、このことを親に伝えることができた人生と、伝えることができなかった人生とを比べれば、人生の豊かさは大きく異なるだろう。

 照れくさいという感情の克服を小さな成功体験を積み重ねることから始めて自己効力感を高めていった結果、両親に感謝の言葉を伝えることもできたという講座の受講生やクライアントがこれまでに何人も出てきている。

両親に言えた感謝の言葉

 その中のお一人のエピソードをご紹介したい。これまでなかなか伝えられなかったが、意を決して実家に帰省した際に、折を見て両親に育ててくれてありがとう、感謝してると伝えた。

 照れくさくて、うまく言えたかどうかは分からない。でも何とか伝えることはできた。母は嬉しそうに笑顔で聞いてくれた。いつも厳格で無口な父は意外にも涙をこぼしながらこう言った。

 「俺は親が生きているうちに感謝の言葉を伝えることができなかった。ものすごく後悔している。だけど、お前はこうやって親が元気なうちに感謝の言葉を伝えてくれた。お前は偉いな」

 父親は自分を褒めることなどなかった。そんな父親が自分を褒めてくれた。嬉しくて自分も涙がこぼれてきた。

 帰り際、いつもは玄関まで見送りに来てくれるのは母だけだが、この日は父も玄関まで見送りに来てくれた。そんな姿が嬉しかった。

 あるいは、夫や妻に「いつもありがとう」というのが自分の中では最も照れくさいという方もいる。

 ある方が照れくさいを克服して奥様に感謝の言葉を伝えたエピソード。結婚してからもう20年以上が経つ。夫婦関係は冷え切っており、会話をかわすことも多くない。このままだといけないと思いながら日々を過ごしていた。

 そこで妻の誕生日に日頃の感謝を伝えることにした。少し高めの居酒屋を予約し、そこで酒の力も借りながらも、「いつもありがとうな。なかなか口に出して言えてないけど感謝してるよ」と伝えた。

 ものすごく照れくさかった。こんな思いをしたのは何十年ぶりかもしれない。すると、妻は少し驚いてはいたものの、涙をぽろぽろこぼしながら喜んでくれた。

 まさか涙を流すとは思わなかった。本当に伝えて良かった。その日以来、妻の機嫌がよく、夫婦関係は明らかに変わった。

 これまで何十人もの方からこういった照れくさいを克服して感謝を伝えたという報告をいただいてきた。報告をいただくたびにこちらの目頭も熱くなる。

ビジネスのステージが上がった

 そして、こういった報告を聞く中である不思議な傾向があることに気づいた。

 それはこの報告をいただいた方のうち、3分の1くらいの方からは、「これまでにないくらいの大きな案件がくるようになった」「ずいぶんと受注が増えて急に忙しくなった」「とても良い物件が見つかったので支店を出すことができた」というように、ビジネスに好影響が起きているとの報告をいただいていることである。

 「明らかにビジネスのステージが上がりました」とおっしゃる方もいる。

 自らの感情を克服し、家族に感謝の言葉を伝える。それによってビジネスの状況が好転する。ここに科学的な因果関係を見出すことは難しい。ただ、事実としてそういう事例が数多く報告されている。

 このように、自らの感情と向き合い、克服できるようになることで、経営やビジネス、人生の展開は大きく変わる。そのため、感情を克服することについて自己効力感を高めることが持つ意義ははかりしれないと言えるだろう。

 まずは小さなことから自分の感情と向き合い、克服するという成功体験を得る。それが感情を克服することについての自己効力感を高める大きな一歩になる。その一歩は人生を豊かにする上でも大きな意義を持つ一歩になるだろう。

 本稿が「経営を変える心理学講座」第100回目となる。この節目となる100回をもってこの連載を終了させていただく。これまでご愛読いただいた読者の皆様には心より感謝したい。

筆者:藤田 耕司