ウエアラブル機器の市場はまだ成長の過程であり、規模が小さい。数多くのメーカーがある米国でも、まだ十分に消費者には浸透しておらず、今のところ利用者は2割以下にとどまっているようだ。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

ウエアラブルよりもAIスピーカーが人気

 米国の市場調査会社eマーケターの推計によると、今年(2017年)の米国におけるウエアラブル機器の利用者数は4470万人で、同国人口に占める比率は17.7%だった。

 人々は、スマートフォンと同程度の価格となることもあるスマートウオッチを購入することについて、まだその適当な理由を見つけられないでいると、eマーケターは指摘している。

 その一方で、今年の年末商戦では、米アマゾン・ドットコムの「Echo」や米グーグルの「Google Home」に代表されるAI(人工知能)スピーカーに人気が集まっている。テクノロジー好きの消費者の間では、贈り物として、スマートウオッチよりも安価なAIスピーカーを選ぶ人が多いという。

 ただ、米国と同じく、多くのメーカーを抱える中国では、今、ウエアラブルの利用者が急速に増えている。この市場は中国をはじめとする、人口の多い国や地域を中心に急速に伸びていくのかもしれない。

(参考・関連記事)「ウエアラブル市場、拡大する中国メーカーの影響力」

今年の出荷台数、スマホの15分の1

 米IDCがこのほど公表した最新レポートによると、今年1年間のウエアラブル機器の世界出荷台数は1億1320万台。これは今年のスマートフォン世界出荷台数である15億台に比べると、はるかに小さな規模だ。

(参考・関連記事)「スマホ市場は成長鈍化もファブレットは急伸」

 しかし、ウエアラブルは今後、年平均18.4%の成長率で伸び続け、2021年には2億2230万台と、今年のほぼ2倍に増えるとIDCは予測している。

セルラー対応とファッションブランドが成長のカギ?

 IDCがその根拠としているのは、米アップルの「Apple Watch」をはじめとする腕時計型製品の成長だ。同社によると、この市場では、これまで価格が安く単機能のフィットネスバンドが、最もよく売れる製品カテゴリーだった。

 しかし、今年は、「ベーシックウオッチ」と呼ばれる、フィットネスバンドをより洗練させ、ファッション性を重視した腕時計型製品の出荷台数が伸びた。

 これに加え、スマートウオッチも今後伸びていくことが予想されるという。2021年には、ベーシックウオッチとスマートウオッチを合わせた腕時計型のシェアが67%となり、市場の大半を占めるとIDCは見ている。

 その理由として同社は、Apple Watchにも加わったセルラー対応モデルの普及や、ファッションブランドの市場参入による製品ラインアップの拡充、そして、中国における子ども向けスマートウオッチの人気を挙げている。

 これら腕時計型の進化に伴い、これまで人気だったフィットネスバンドは陳腐化する。これにより人々は買い替えを促されるようになると、IDCは予測している。

 果たしてIDCのこの予測は当たるのだろうか?

 確かにスマートウオッチは、便利な点がいくつもあるようだ。例えば、電車に乗るには、改札で画面をかざすだけで良い。コンビニエンスストアなどで買い物をする際も、スマートフォンを取り出すことなく電子決済ができる。メールやメッセージが届けば、振動で知らせてくれる。日々の消費カロリー、歩数なども計測してくれる。

 しかし、これらの機能とその価格を照らし合わせると、購入までには至らないといった人が多い。今後の課題は、IDCが言うようなファッション性、あるいは機能の進化、低価格化なのかもしれない。

筆者:小久保 重信