中国でしっかりメークする女性は極めて少数派だ(写真はイメージ)


 中国には化粧をしない女性が多い。上海市の地下鉄や路線バス、デパートなどで見かける女性たちで、化粧をしている人はざっと見て3割以下。化粧と分からない程度のナチュラルメークがほとんどで、口紅やアイシャドー、マスカラまでするしっかりメークの人は少数派だといえる。

 まわりにいる友人の女性たちを見ても、休日自宅にいるときはもちろん、会社に出勤するときも、ほとんど化粧をしない。たまにしっかりメークするのは、結婚式に出席する、同窓会に参加する、観劇・コンサートに行くといった、少しおめかしして外出するときくらい。化粧はあくまでも特別なときにするものとしての位置づけだ。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

「毎日メーク」は3割

 香港の貿易促進機関、香港貿易発展局(HKTDC)が2015年末に行った、中国の都市部に住む女性2400人(20〜40代)を対象に実施した調査リポートによると、調査対象者のうち「毎日化粧をする」と答えた女性は27%にとどまった。59%が「必要な場合にのみ化粧をする」と答えており、「まったく化粧をしない」と答えた人も14%に上った。

 上海だけで見ても、毎日化粧をすると答えた人は3割強。これは、おしゃれ好きが多い上海の女性でも毎日は化粧をしない、という中国女性のすっぴん率の高さを裏付ける結果となった。

 同調査によると、日常的に使用する化粧品として最も多いのはBBクリームで、約6割に上った。BBクリームとは美容液、化粧下地、ファンデーション、日焼け止めなどを兼ねそなえた、ナチュラルメーク派ご用達の化粧品で、さまざまなメーカーが商品を販売している。以下は、化粧落とし(46%)、日焼け止め(44%)と続き、口紅やファンデーション、マスカラ、リップグロス、まゆずみなどのしっかりメークの必需品は、すべて4割以下という現状が明らかになっている。

 ひと昔前なら、化粧をする女性が少ない理由の1つとして経済的な面も挙げられただろうが、ここ10年で世界の工場から消費大国に変貌を遂げた中国である。英調査会社のユーロモニターによると、中国の化粧品販売額は2010年の2045億3300万元から16年には3360億6100万元(約5兆7800億円)と約1.6倍に急拡大し、米国に次ぐ世界第2の化粧品消費国となっている。

 にもかかわらず、中国の女性たちはなぜ化粧しないのか。その理由はどこにあるのか、中国人の友人たちに聞いてみた。

「化粧は面倒」「しないのが当たり前」

 一番多かった答えは「面倒だから」。

 外出する前に化粧をする時間がない。化粧をする時間があるなら、もう少し寝ていたい。夜、化粧を落とすのが面倒──といったのがその理由だ。ただこれは、日本人的には理解しがたい。日本の女性は、朝ご飯を食べる時間がなくても、化粧だけはして外出する人が多いからだ。

 続いては、「化粧をする習慣がなく、しないのが当たり前になっている」。

 学生のころは親や教師に「学生は化粧をすべきではない」「勉強がおろそかになる」などと言われ、化粧すること自体が許されていなかった。中国の学生は日本の学生ようにアルバイトに精を出すわけでもないため、自由になるお金も少ない。

 ところが、社会人になると経済的に余裕は出てきたものの、時間に追われる生活になってしまう。結婚して子どもができるとなおさらで、自分に費やせる時間の少なさが「面倒だから」につながる。

 最もうなずけたのは「みんな化粧をしていないから」。

 日本では、高校生くらいから化粧をし始める。大学生になるとこぞって化粧をするようになるし、社会人になってからは「化粧はマナー」と言われるほど、“女性は化粧をするのが当たり前”の世界。化粧をしていなければ「マナー違反」などと言われたりもする。

 一方、中国ではすっぴんに対する寛容度が驚くほど高い。業界にもよるだろうが、会社勤めをしていても化粧は必須ではないし、逆に化粧をする人の方が少ないため、社会からのプレッシャーはほぼないに等しい。

高い素顔への好感度

 中国ではすっぴんに対する男性の目が優しいことも大きい。

 筆者自身も一般的な日本の女性同様、朝起きたら化粧をする習慣ができている。当然ながら、週末自宅にいても化粧をする。そのため、中国人の夫と結婚した当初は「外出するわけでもないのに、なぜ化粧をする?」といぶかしげな顔で言われたものだ。今でも彼は、しっかりメークの女性を見て「ニセモノっぽい」などと言うこともあり、基本的に化粧はしない方がいいと思っているふしがある。

 よく我が家を訪れる中国人の友人たちも、ほぼノーメーク。中にはしっかり化粧をしてくる人もいるが、たまに完全にすっぴんの時もあるといったように、常に化粧をしているわけではない。

 仲のいい夫婦が何組か自宅に遊びに来てくれた際、男性陣にも女性が化粧をすることについて聞いてみた。すると「化粧をする女性はあまり好きではない」「中国の女性はもともときれいだから、化粧をする必要はない」など、すっぴんに対する好感度の高さをうかがわせるコメントがほとんどだった。

 ちなみにその日の女性陣は皆すっぴん。彼女たちの夫は、素顔のきれいな妻を誇らしげに思っているように見えた。

きれいな素肌を重視

 ただし、メークはあまりしなくても、基礎化粧品を使うのは必須だと思っている中国女性は少なくない。中国では海外ブランドの基礎化粧品が人気で、友人たちも海外旅行に行くと必ず、化粧水や乳液、フェイスマスクなどを大量に購入して帰ってくる。また、誰かが海外旅行に行くと聞けば、1本500元も1000元もする乳液や美容液を免税店で買ってきてもらっている。

 普段化粧っ気のない友人宅の洗面所に、海外ブランドの基礎化粧品がずらりと並んでいて、驚かされたことも少なくない。化粧はしなくても、お肌の手入れは怠っていないのだ。

 友人によると、中国では「自然な美しさが最高の美」と認識している人が多いという。中国の女性は、化粧をするより素肌をきれいに保つことを重視している。彼女は「きれいな肌を保っていれば、むしろ化粧など必要ない」と言い切った。

化粧は浸透するか?

 上海ではここ数年、デパートの化粧品売り場や化粧品専門店で、店員が若い女性客にメークアップをしている光景をよく見かけるようになった。メークアップ教室に通う女性も増えている。化粧に対する意識の変化と、化粧品メーカーが巨大な中国市場向けに展開するさまざまな戦略を受け、化粧をする人の割合も徐々に拡大していくに違いない。

 ただ個人的には、少なくとも向こう10年は、日本のように「女性は化粧をするのが一般的」になる日がくることはないだろうとみている。自分のために化粧をする人は増えても、社会的なプレッシャーを感じるから化粧をする、というのが中国の女性にそぐわない気がするからだ。

 とはいえ、化粧はし始めてみると意外に楽しいものでもある。いったん化粧をすることに慣れると、往々にして化粧をしていないすっぴんの自分を、自分自身が受け入れられなくなるもの。中国でも今後さらに化粧を楽しむ人が増えれば、すっぴんへのプレッシャーを自分で与えてしまい、これが中国で「毎日化粧をする」人を増やす大きな要素になりえるかもしれない。

筆者:山田 珠世