父親の交際相手が男性と知った椛島さん。ところがその後、意外な展開が…(写真:筆者撮影)

さまざまな形の家族や環境を経験した子どもたちは本当はどんなことを感じているのか。子どもたちの声を聞く「おとなたちには、わからない。」シリーズ2回目。前回記事に続き、自身が高校生のときに、親の離婚を経験した椛島晴子さん(仮名)のお話です。

晴子さんは、とある省庁にお勤めのシングルマザー。30歳になるダウン症の息子さんと暮らしています。晴子さん自身も、高校生のときに親の離婚を経験しました。原因は、父親の浮気です。

特徴的だったのは、晴子さんの父親の交際相手が男性だったことです。最近でこそ、ゲイもレズビアンもそう珍しくない世の中になりましたが、40年前当時、家族はかなり驚いたのではないでしょうか。

母親が父親を気持ち悪がるのがストレスだった


この連載の過去記事はこちら

「父親に交際相手がいることも、相手が同性だったことも、子どもにはいっぺんに来るから、分けては考えられないんですよね。ただ、ショックが倍になるかっていうと、そうでもない気がします。

父親が当時付き合っていた相手が辛気臭い感じの人で、私はそれがいやでした。もしあれが、その後に付き合った今のパートナーだったら、全然感じ方は違っていたかもしれない。わかりませんけれどね(笑)。

それよりも、母親の気持ち悪がり方が激しかったので、それがすごくストレスでした。子どもにしたら、自分の父親のことなので」

親の離婚を経験した人からはよく、「一方の親が他方の親の悪口を言うのを聞かされるがつらかった」という話を聞きます。晴子さんの話のように「一方の親が他方の親を気持ち悪がる」というのも同じかもしれません。

親にとっては、配偶者は別れれば「ただの他人」なので、つい気安く悪口を言ってしまうのですが、子どもにとっては、両親が別れても親であることに変わりありません。その親を否定されることは、自分の半分を否定されるように感じるのです。

「でも私も、父にひどいことを言ってしまったことがあります。『みんながお父さんのこと、ホモだって言ってるよ!』って。当時はゲイなんていう言葉は使われていなくて、そういう差別語で言ってしまった。父親が、えらくぎょっとした顔をしたのを覚えています。

それは今でも、悪かったなぁと思います。自分も親になってみると、そう言われたらつらいと思うんですよ。親は『子どもにかわいそうなことをしちゃったな』って思うだろうな、と思うと、父親にそういう思いをさせてしまったことが、悪かったなぁって……」

子はどこまで親に対して愛情深いのか。晴子さんだけではありません。親の立場で話を聞いていて、どきっとするところです。

「実は今でも、父親のセクシャリティ(性的指向)についてちゃんと言葉で説明を受けたことはないんですよ。代わりに父親は、自分のパートナーシップのあり方を、日常的に見せてくれました。意図的にそうしたのか、たまたまそうなったのかわかりませんが、そういう形で、実質的な説明責任を果たしてくれたんです」

どういうことかというと、シングルマザーとなった晴子さんの子育てに、父親と今のパートナーが、全面的にかかわってくれた、というのです。

世間様が認める形でなくても幸せになれる

「私はふたりのことを“おじいちゃんズ”って呼んでいるんですけれど(笑)、おじいちゃんズがしょっちゅう、孫をみにきてくれたんです。私は息子が3歳くらいのときに離婚してひとり親になったので、すごくありがたかった。

家事を手伝ってくれたり、みんなでごはんを食べたり、息子をふたりで旅行に連れていってくれたり。息子もふたりのことが大好きで、いつも3人でくっついている。

そういうなかで自然と、ただのカップルとしてやっている父親たちをみていると、『いいな』と思うわけですよ。ふつうにパートナーなんです」

その感覚は、よくわかる気がします。私も初めて同性カップルと会ったときは、ちょっと不思議な感じがしたものですが、友達が増えて見慣れてくるうちに、なんとも思わなくなりました。

ひとり親の子育ては精神的にも体力的にもきついものですが、そこを助けてもらえたのは、どんなにありがたいことだったか。その救世主が妻×夫だろうが夫×夫だろうが、晴子さん親子にとっては何も変わりませんでした。

「自分の息子が“規格外”だったことも、父親のセクシャリティについて、あまり気にならなくなるきっかけになったかもしれません。

息子はダウン症で生まれて、いわゆる“ふつうの子ども”ではありません。“ふつう”以外のことを知らないと、『“ふつう”でないと不幸になっちゃうんじゃないか』というような、ステレオタイプな考え方をしてしまいますよね。私も、子どもが生まれるまではそうだったんですが。

だけど実際には全然そんなことはないとよくわかったんです。一緒に居るだけで薬になる、という意味の『居薬』っていう言葉を最近知ったのですが、うちの息子はまさにそれ。優しくて、本当にいい子で、めちゃくちゃ癒されるんです」

ダウン症の子どもがいる、と聞くと、おそらく「かわいそう」とか「大変」と思う人が多いでしょう。私も実は、そう思っていました。

その考えが変わったのは、以前このサイトでも紹介された本『ダウン症って不幸ですか?』(姫路まさのり著)を読んだことがきっかけでした。ダウン症は優しく穏やかな人が多く、家族はとても癒されるようです。晴子さんの話からも、その毎日のやわらかな空気が、じわじわと伝わってきました。

「だから私は、非常にハッピーなんです。息子は居薬だし、おじいちゃんズも子育てにコミットしてくれる。べつに世間様が認めるような形の家族でなくても、人間は幸せになれるし、何の問題もないとわかった。そういう価値観の変化も、大きかったかもしれないですね」

家族や人間の幸せは、形や属性で決まるものでない。ダウン症の息子さんとの暮らしや、おじいちゃんズとのかかわりのなかで、晴子さんははっきりと理解したのでした。

おじいちゃんズとおばあちゃんも一緒にお祝い

息子をかわいがって育ててくれるおじいちゃんズは、晴子さんにとって、「すごくほほえましい」存在でもあります。

「むちゃくちゃ仲が良くて、うちに来るときは必ず一緒なんです。父1人で来たことは、一度もない。

うちの父親が、彼氏の髪をずっと切ってあげているらしくて、しかもパートナーがそれを、恥ずかしそうに言うわけですよ。『いやぁ、〇〇ちゃんが切ってくれてるんだよね』って、照れながら。ごちそうさま!(笑)」

息子さんの卒業式に、おじいちゃんズが来てくれたときのエピソードも、とてもユニークです。

「そもそも特別支援校の卒業式って、ものすごく感動的なんですね。『ここまで大きくなってくれて本当にありがとう! 周りに幸せを与えてくれてありがとう!』という空気が、充満している。

そこにおじいちゃんズが参戦してくれたんですけれど、そうしたらもう、私以上にわんわん泣いて。年寄りだから涙もろいんですね(笑)。

そのあと、私とうちの息子と、おじいちゃんズと、うちの母親もあとから来て、みんなで食事をしました。おじいちゃんズはふたりともお酒が大好きなもんだから、べろべろになって、喜んじゃって、息子に『食えー、食えー』って。息子はかわいそうに、食べすぎて気持ち悪くなっちゃった(笑)。

その席でうちの父親が、『オレはもう、一生こいつ(パートナー)と生きていくから!』みたいなことを言って、みんなハイハイ、みたいな。気持ちよくなって、言いたくなっちゃったんでしょうね(笑)」

晴子さんを通して語られるおじいちゃんズは、限りなく、いとおしく感じられます。

それにしても、晴子さんのお母さんもおじいちゃんズと一緒に食事をするというのは、なかなか驚きます。妻が、別れた夫やその恋人と交流するといった話は欧米の映画やドラマではよく見かけるものですが、日本ではまだあまり聞きません。

「うちの母親も、その後再婚したり、また離婚したりして、わりとそういうところがふっきれているんでしょうね(笑)。それに自分は病気がちで、うちの息子のことで身体的なサポートはできないから、おじいちゃんズがやってくれるのはすごくありがたいみたい。

面白かったのが、うちの息子が高校生のとき、かわいらしい女の先生に初恋をしたんですよ。それで『息子に好きな人ができたみたい』っておばあちゃんに報告したら、『男? 女!?』って。まずそこか!と(笑)。これは、わが家ならではの話ですね」

人間、好きになる相手が異性とは限らないことを、おばあちゃんは誰よりもよく理解しているのでしょう。

子どもの悩みを聞いてくれる人がいればよかった

晴子さんは、自分と同じような経験をした人が「実はほかにも、けっこういるはずだ」と考えています。

「うちの父親のパートナーもご結婚されていて、子どももいるんですよ。奥さんはもう亡くなっているんですけれど。そんなふうに、世間的に受け入れられやすいように異性と結婚して子どもをつくっているゲイの人って、いまもいると思うし、父くらいの世代の人はもっといると思うんです。

それで、数年前からツイッターで私と同じような立場の人を探し始めたのですが、なかなか会えなくて。会って話してみたいな、というのは、いまもどこかにあります。特にいちばん悩んでいた高校生の頃に、同じ境遇の人とつながれたらよかったですね。

自分1人ではもてあます、どう受け止めたらいいのかわからないようなことを、誰か聞いてくれる人がいたらよかったと思います。それでたとえば、『あなたは子どもの側なんだから、そういうことは自分で受け止めようとしないで、お父さんとお母さんにまかせたらいいのよ』みたいに言ってくれたらよかったな、って」

自分の話が役立つのであれば、と取材を引き受けてくれた晴子さんの思い。いまどこかで悩んでいる誰かに届きますよう。

本連載では、いろいろな環境で育った子どもの立場の方のお話をお待ちしております。詳細は個別に取材させていただきますので、こちらのフォームよりご連絡ください。