ある中国人観光客は日本のACG(アニメ、コミック、ゲーム)の関連商品やプリクラの充実について、驚きをつづったコラムを寄稿した。「日本のACG関連商品やゲームは本当によくできている。中でも最高なのがプリクラだ」と興奮をあらわにした。

写真拡大

ある中国人観光客は日本のACG(アニメ、コミック、ゲーム)の関連商品やプリクラの充実について、驚きをつづったコラムを寄稿した。

間もなく大阪を離れる時に見つけたのがガチャガチャだ。その一角にはかわいいデザインのガチャガチャがずらりと並び、購買欲を刺激する。どうにか気持ちを落ち着けようとしても、どうしても我慢できない。一緒に旅行していた友人はゲーム「ねこあつめ」のガチャガチャに飛びついていた。

日本のACG関連商品やゲームは本当によくできている。中でも最高なのがプリクラだ。私が中国で最後にプリクラを撮ったのは高校時代だが、残念な写真ばかりだったことを覚えている。ところが現在の日本のプリクラは修正機能も優れている上にさまざまな素材でデコレーションできる。間違いなくかわいい写真が出来上がるのだ。中国のプリクラもここまで深化しているのだろうか。

もう一つ、印象に残っているのが大阪の新世界だ。日本で最も貧しく危険な場所と脅かされていたが、そんなことはなく食べ歩きを楽しむことができた。通天閣を見ると、『半沢直樹』や『名探偵コナン』など、日本映画の世界に自分が入ったかのようだった。(翻訳・編集/増田聡太郎)