2018年を会場一体となってお祝い

写真拡大

MONGOL800(モンパチ)は、12月31日(日)に地元の沖縄コンベンションセンターでカウントダウンライブ「MONGOL800 ga COUNTDOWN “Happy 20th ANNIVERSARY”」を開催した。

【写真で見る】モンゴル800ら沖縄のアーティストが集結

沖縄を拠点に活動するモンパチは、2018年にバンド結成20周年のアニバーサリーイヤーを迎える。その幕開けを飾る年越しライブには、粒マスタード安次嶺、DIAMANTES、きいやま商店、かりゆし58、HY、BEGINら沖縄を代表するアーティストが集結。会場には4200人(主催者発表)の観客が詰め掛けた。

ステージのトップバッターに登場した粒マスタード安次嶺は、沖縄の結婚披露宴などでパーティーダンサーとして活躍。リズムに乗せて踊るダンスに本人も盛り上がり、客席に乱入する一幕も。これから登場するアーティストたちの前に会場の雰囲気を大いに盛り上げてくれた。DIAMANTESは「勝利のうた」で会場を盛り上げ、きいやま商店はレーザービームを使って、観客のボルテージを最高潮に上げていく。また、HYとDIAMANTES・アルベルト城間、かりゆし58・前川真悟がコラボして「366日」を熱唱するなど、アーティスト同士のコラボは、多くの観客を魅了した。HYの新里英之は、会場とのやり取りで「2017年にあったいいこと」を聞くと、男性ファンから「富士山に登った」との返答が。新里が「富士山の景色はどうだった?」と聞くと、ファンは「くもりでした〜」と答えると会場は大きな笑い声に包まれた。

ステージのトリに登場したモンパチの上江洌清作は、「(各アーティストが大いに盛り上げてくれて)フィナーレが何度もありましたね!」と笑いながらも感謝の言葉を。「最後はモンパチでカウントダウンしましょう」と呼びかけ、「あなたに」や「PARTY」などを披露した。カウントダウンをまたぐ曲はモンパチの代表曲の1つでもある「小さな恋のうた」。カウントダウン直前で曲を止めると清作は、「2017年も残りあと2分となりました。っていうかこれ紅白よりすごくないですか?これで安室(奈美恵)ちゃんがいたらベストだったけど…」と漏らすと会場は大きな笑いに包まれた。「今回はモンパチの20周年でカウントダウンをやったけど、今後もだれかのイベントとして続いていけばいいな」と期待を込める。観客と一緒に10秒前からカウントダウンをし、2018年を迎えると清作は「HAPPY NEW YEAR―」と叫び、続けて「2018年1発目、みなさんの大きな声で“小さな恋のうた”の続きをもらってもいいですか」と叫ぶと、4000人以上の観客が1つとなり、モンパチの歌い初めはファンのみんなと大合唱という形で2018年の幕を開けた。

ステージ終盤には、今回出演したアーティストが全員登場し、BEGINの「島人ぬ宝」やモンパチの「DON'T WORRY BE HAPPY」を熱唱。最後は「HOME」で締めくくった。観客から促され、アンコールで再登場したモンパチは、「目の前でいろんなアーティストの名曲が聞けて沖縄の紅白みたいで面白かった。できれば毎年やりたい。今年はモンパチが20周年という事でやったけど、来年はどっかのアーティストが周年記念という形で、(沖縄らしく)模合形式でやっていきたい」と来年の開催に意欲を見せ、最後は結成20周年を自ら祝うべく、「HAPPY BIRTHDAY」を歌い上げ、興奮冷めやらぬままステージは幕を閉じた。(ザテレビジョン)