1日、米ブルームバーグ通信は、「中国が世界の工場だった時代は終わった。今や世界の消費者になった」とする記事を掲載した。写真は上海の外灘。

写真拡大

2018年1月1日、米ブルームバーグ通信は、「中国が世界の工場だった時代は終わった。今や世界の消費者になった」とする記事を掲載した。参考消息網が伝えた。

中国の消費に質的な変化が表れている。もはや生活必需品だけでなく、映画や旅行、保健製品などにお金が流れている。投資家はこれらの変化に伴うリスクを軽視している。最新のデータによると、中国の国内総生産(GDP)に消費が占める割合は63.4%。家庭消費は猛烈な勢いで伸び、4兆5000億ドル(約507兆円)に達した。小売消費は年10%のペースで増えている。中国の「独身者の日」である11月11日には、ショッピングセールなどでの消費額が250億ドル(約2兆8167億円)となった。米国の同様のセールの2倍の規模だ。

中国の消費者は成熟を始めた。より豊かになり、より高価な物を買うようになっている。保健・健康食品、スマートフォンやタブレット端末、スポーツ用品やグッズ、ファッション性の高いインテリア用品、自動車、美容製品などの購買額が、消費全体に占める割合は伸び続けている。

低価格・低品質の商品は市場から消え始めている。形のある物より、サービスや旅行への支出が増えている。医療、保健、教育、娯楽、財務、旅行分野への支出が伸びている。海外に出る中国人は増え、アジア諸国だけでなく、オーストラリア、米国、カナダ、ニュージーランド、欧州諸国も利益を得るようになってきた。(翻訳・編集/大宮)