【差はダントツ】シミの数で比べた「美白美容液」ランキング7選

写真拡大 (全23枚)

スキンケアアイテムの中でも美容液とクリームは高い。だからこそ、本当の良いものを選びたいですよね。そして「美白美容液」というからには、「シミ」の数が減るのかどうかが重要。今回はそこに注目してテストを行いました。


高価格帯からプチプラまで
全7製品のシミ予防効果を検証


人気の美白美容液7製品を比較した記事を先日公開しましたが、今回はそのなかから「シミの数」に注目したテスト結果をご紹介します。

「半信半疑のあなたへ」美白美容液はもう1400円で十分でした

商品に記載された用法に従って、一般モニターが美白美容液を約2週間使用。肌内部のシミを計測できる専用機械VISIAを使い、近い将来肌の表面に現れる可能性がある潜在シミの数を計測。



ビフォーアフターの肌状態を専用機械VISIAで撮影。

2週間後、潜在シミがどれだけ減ったか調べると、その減少数の差はクッキリとデータに表れました。さて、シミの予防効果が最も高い美白美容液はどれだったのでしょうか? 早速ランキングを紹介します。


シミ124個減の「トランシーノ」
価格は高めですが効果は確かです


今回計測した7本のうち、潜在シミ減少数が124個とダントツだったのがトランシーノでした。肝斑ケアの知名度が高く、シミ予防に特化しているだけあって、さすがの好成績!

しかし、効果が見込めるだけにお値段もやや高めなので、毎日使うにはチョイスしがたいところ。シミ予防に投資できるという人にはおすすめです。



第一三共ヘルスケア
トランシーノ
薬用ホワイトニングエッセンスEX
実勢価格:3878円




鼻のまわりにあった数々の潜在シミが激減! 2週間後には顕著に少なくなっているのがわかります。


2位は54個減と大健闘の無印良品
コスパの高さも魅力です


1位のトランシーノには追い付けなかったものの、シミ減少数54個と大健闘したのが無印良品。しかも、50mlで1400円とコスパも良好で、気兼ねなく使えるのも魅力です。

1000円台でこれだけの効果が望めるなら、一度買ってみる価値あり。たっぷり毎日使えば肌が変わるはず、と期待が持てそうです。




無印良品
敏感肌用薬用美白美容液
実勢価格:1400円



髪の生え際近くにあったモヤモヤ潜在シミが分解されたような印象。広範囲にわたってあったシミの面積が、見るからに小さくなっています。


3位は4個と期待以下だったHAKU
美白の定番でありながら実力は疑問


3位は美白の定番といっても過言ではない、資生堂のHAKU。毎年リニューアルを繰り返していることと、今回テストした中でいちばん高額だったことから注目が集まりましたが、シミ減少数は4個にとどまり、期待以下でした。



資生堂
HAKU
メラノフォーカス 3D
実勢価格:8690円




美白の定番といわれながらも、減少数はたったの4個でした。


わずか2個減のアクアレーベルが4位
低価格なので毎日のコツコツケアになら


シミ減少数はわずか2個で4位だったのが資生堂のアクアレーベル。ドラッグストアで入手できてちょうどいい価格帯だから、デイリーケア向きです。気になるシミをコツコツケアするにはぴったりかも。



資生堂
アクアレーベル
シミ対策美容液
実勢価格:2080円




減った数は2個と少なめですが、テクスチャーが軽くて使い心地がいいので毎日取り入れやすいです。


5位はシミの数に変化なしの
ウテナ「ルミーチェ」


今回テストした中で唯一のオイルタイプがルミーチェで、浸透性バツグンのサラッとした肌なじみ。しかし、残念ながら潜在シミの数は使用前と変化はなく、効果はみられませんでした。



ウテナ
ルミーチェ
美白オイルエッセンス
実勢価格:866円




使いやすいオイルタイプでも、効果はみられませんでした。


小林製薬「ケシミン」も
特に変化はなく同率5位


5位のルミーチェに続き、小林製薬のケシミンも潜在シミの数に変化はありませんでした。



小林製薬
ケシミン美容液
実勢価格:1101円




潜在シミにはまったくアタックしませんでした。


最下位は減るどころか
12個増のロート製薬「オバジ」


最下位はロート製薬のオバジ。シミ数は減少せず、むしろ増えたような印象を受けます。数値でみると、やはり約12個ほど増えていて、生活習慣の影響からか若干濃くなった可能性も!?

薬のようなパッケージでいかにも効果が高そうなイメージでしたが、まさかの結果となりました。



ロート製薬
オバジ 
C10セラム
実勢価格:3948円




写真では少しわかりづらいですが、数値では潜在シミが12個ほど増えています。

今回7本中4本が潜在シミを減少でき、特にトランシーノと無印は相当な数の潜在シミが少なくなりました。シミを増やさないためには、価格はもとより、ちゃんと効果のあるものを使うようにしましょう。



360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。