「アメリカンフットボール・ライスボウル、富士通37-9日大」(3日、東京ドーム)

 社会人王者の富士通が2年連続3回目の日本一に輝いた。27年ぶり5度目の出場で、勝てば27年ぶりの日本一でもあった大学王者の日大は及ばなかった。

 富士通は第1Q、WR中村へのQBキャメロンのロングパスが通り、次のエンドでRBゴードンがショートパスを受けてタッチダウン。第2Qにもキャメロンから中村へのタッチダウンパスが通るなどし、前半で17-3とリードした。

 第2Q終盤から粘り強い守備を見せていた日大だったが、第3Qに再びキャメロンから強(きょう)への約40ヤードのタッチダウンパスが通り24-3に。第4Qも富士通は確実に得点を重ねた。

 27年ぶりの日本一を狙った日大は数々のスペシャルプレーも実らなかった。第4Q終盤、残り1分を切ってからも何とかタッチダウンを1つ取ろうと奮闘。パスプレーで時計を止めながらエンドゾーンまで残り10数ヤードまで迫り、最後はパスからWR小倉がタッチダウンを奪う執念を見せた。

 藤田智ヘッドコーチは「うれしいです。最後まで選手が集中力を切らさずよくやってくれたと思います。みんなシーズンを通じて成長してこれたので良かったと思います。何よりもほっとしたのが一番です」と語った。日大についても「素晴らしいですね。気持ちのこもったいいチームだと思います」と評価した。

 次々と決定的なパスを通したキャメロンは「チームメートもそうだし、ファンの皆さんへの感謝で溢れる涙です。ゲームプランに沿ってやっていることなので、練習の時間がすごく大事だったということが勝利につながった。サックを受ける場面もあった日大については日本語を交え「本当に日大は強い。来年、たぶん危ない。グッドジョブ日大。ベリーグッドチーム。来年またここで戦いたいです」とたたえた。